【どうする?食の工夫】永田孝行先生講義

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    どうする?食の工夫】永田孝行先生講義 


    〇女性のキレイを期待するなら、寝る前に食べない。
    寝ている間に、成長ホルモン(お肌など体の修復、代謝促進、筋肉↑脂肪↓)が低血糖を回避しているので、血糖高いと成長ホルモンの分泌が低下してしまいます

     

    〇白米に、「酢」を少し混ぜてみよう! 血糖上昇は緩和して、腹持ちも良くなります。


    〇酢の物には、砂糖多いので、注意してね。


    〇お菓子、どうしても食べたければ、「5分以内に!」・・・5分でポテトチップス全部食べても美味しくないかもね・・・・・(笑)

     

    〇ストレス太りのメカニズム
    1. ストレスによってコルチゾールや交感神経の活動が亢進することで血糖値や遊離脂肪酸の値が上昇
    2. 交感神経の亢進⇒『食欲抑制ホルモン(レプチン):脂肪細胞から分泌され満腹中枢を刺激する』が低下して、食欲が増す
    3. 『強いストレス』が掛かると、末梢の脂肪組織に対して交感神経やコルチゾールの働きで食欲が落ちる。しかし、『弱いストレス』だとかえって食欲がしてしまう。⇒ストレスで太ることが出来るようなら“安心ストレス”なのです 
    ★「ストレスで食べて太ってしまいました!」⇒「よかったですね」
    4.コルチゾールの大量分泌・・・・海馬の萎縮、うつ状態

     

    〇ストレスを伴うダイエットは危険!
    1. 毎日の食事を記録して管理することはストレスを増大させ、また食事摂取量を制限することはコルチゾールの分泌量を増加させる
    2. コルチゾール=血糖値を引き上げながら食欲を増進させるホルモン

     

    〇お腹が減ったら、運動を!やせるチャンス!!
    ⇒空腹や交感神経優位で、遊離脂肪酸は上がるので、お腹へって動けば、遊離脂肪酸をもやせる

     

    〇日本人は白米飯を好むのはなぜだろう?
    私達の多くは離乳食に重湯から始まり、その味でドパミンが分泌されているので、空腹=ご飯となり、三食ご飯でも飽きないのか?
    ※お米から腸内細菌を介して短鎖脂肪酸が一番とれる

     

    〇雑穀
    1. 雑穀とは本来「主穀ではない穀類の総称」で、白米は除かれます
    2. 玄米・黒米・赤米・小麦・大麦・はとむぎ・粟・稗・黍(キビ)・大豆・黒豆・小豆・緑豆・トウモロコシ・ソバ・黒ゴマ・白ゴマ・クコ・アマランサス・キヌア・チアシードなど

     

    〇「糖尿病の食事療法」・・・・カロリー制限を重視した炭水化物(糖質)中心の糖尿病食であり、血糖値を抑えるどころかむしろ上昇させてしまう

     

    〇糖尿病食の基本はカロリー制限ではなく、血糖値制限

     

    〇血糖値を急激に上昇させない食べ方
    1. 主食に低GI食品を付け加える・・生卵・海藻・バター・オイル・海苔・ごま・ナッツ等を加える
    2. 未精製に近い穀類に替える・・精製度が低い食材に替える
    3. 料理時間は短く調理・・・生食か生食に近い、硬め
    4. 主食が冷めると・・・・レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)↑
    5. 味付けは薄味、甘味を控え、香辛料やハーブを使う・・砂糖は極力避ける

    ★「おかずが残っているから、ごはんをおかわりしてしまう。最後にごはん!」

     

    〇脂質は減っても糖質が増えると肥満が増える!
    1. 低カロリー食より低GI値食の方が減量効果は高い
    2. 炭水化物=糖質+食物繊維・・糖質制限で食物繊維の摂取量が減らないように注意!!

     

    〇寝る前にお酒を飲むから太るのではない
    ・・・お酒のつまみが太る原因。酒もカロリーあるけど、熱になるのでそれほどカロリーは気にしなくていい


    〇全粒粉のパンは、慣れないと食べにくいけど、「ソバ」として食べてみるといい。

     

    〇野菜にドレッシングをかけないと、野菜の甘さがわかるようになる

     

    とてもわかりやすく楽しい講義でした。

     

    【開催報告】
    【世話人会】埼玉メンタルヘルス交流会 2018.11.14 
    一般社団法人 日本ダイエットスペシャリスト協会 理事長 特別講演 
    http://jdsa.co.jp  
    書籍「ダイエット ベーシック ブック」 http://urx.blue/NyTA
    「現代の食事事情と食事法の選択」


    【鉄欠乏女子《テケジョ》を救え!】日本オーソモレキュラー医学会で「鉄代謝」の教育講演をさせていただきました

    0

      JUGEMテーマ:食事・栄養療法

       

      鉄欠乏女子《テケジョ》を救え!


      【祝】11月11日:食べてうつぬけ出版1周年記念&病院開院記念
      日本オーソモレキュラー医学会で「鉄代謝」の教育講演をさせていただきました。
      学会で知ったのですが、実は、栄養で有名なホッファーさんの101歳のお誕生日でした。
      この日話したことは、一番大切なこと。
      この図にあるように、貧血がなくても鉄不足の方が沢山いて、鉄が原因でカラダやココロに不調をきたしているのに、見逃されていることが多いということを冒頭に話しました。
      葉酸や亜鉛などの栄養素と同様に、鉄が足りないまま妊娠出産することは、母親だけでなく、胎児にも影響が及ぶことがあります。
      お母さんの鉄欠乏が進むと、子ども(胎児)の発達障害、知的障害、統合失調症の発症、学習能力や記憶の低下、成長や発達の妨げのリスクになる様々な報告があります。

      話のメインは、鉄代謝で理解しておくべき「炎症(からだの中の小さな火事)」との関係についてです。
      治療方針が大きく変わってしまうので。

      鉄代謝の機序、血液検査の解釈の仕方、生活上の工夫、東洋医学の活用などについてお話ししました。

      ⇒メンタルヘルス(心の健康)は食事から。

      一人でも多くの方が救われますように・・・

       

      自動代替テã‚ストã�¯ã�‚ã‚Šã�¾ã�›ã‚“。


      【フレイルには漢方】大野修嗣先生:【開催報告】第51回 埼玉若手漢方医会

      0

         

         

        【フレイルには漢方】大野修嗣先生講義


        フレイルとは?・・・加齢に伴う機能変化や予備機能低下によって精神的・肉体的な脆弱性が増加した状態

         

        ●フレイルの評価(J-CHS基準)・・食欲不振、疲れ、気力の低下・・補材の適応
        体重減少・・6ヶ月で,2〜3Kg以上の体重減少
        筋力低下・・握力:男性<26Kg 女性<18Kg
        疲労感・・(ここ2週間)訳もなく疲れたような感じがする
        歩行速度・・通常歩行速度<1.0m/sec
        身体活動 〃擇け親亜β料燹´定期的な運動・スポーツ、のいずれも「週の1回もしていない」

         

        ●補剤(ほざい)とは?
        消化器の機能低下、精神機能低下、筋力の低下、内分泌・泌尿器系の機能低下を補う漢方

         

        ●補剤
        〔人参剤〕 啓脾湯 人参湯 四君子湯 六君子湯
        〔参耆剤〕 補中益気湯 十全大補湯 人参養栄湯 大防風湯 半夏白朮天麻湯 清心蓮子飲 清暑益気湯
        〔補腎剤〕 六味丸 八味地黄丸 牛車腎気丸
        〔その他〕 酸棗仁湯(さんそうにんとう)(サーカディアンリズムを整える漢方)・・・効く人は、虚証。

         

        ●補中益気湯(ほちゅうえっきとう) の使用目標 ・・胃腸を治す
        ・・気力・体力の低下、全身の生理機能低下、胃腸機能の低下、皮膚附属器の機能低下
        ・・『中気下陥』・・陽気の固摂機能の低下・・内蔵下垂(胃下垂・遊走腎・脱肛・子宮脱)
        筋トーヌスの低下(手足倦怠・泥状便・失禁)
        溜飲・食後の眠気・無気力  
        ※ +麦門冬湯=味麦益気湯
        ※ +真武湯=調中益気湯

         

        ●十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)の使用目標・・全身倦怠感、皮膚枯燥、貧血様症候
        ※四物湯の中の地黄や川きゅう・・・胃に触ることがあるので注意


        ● 鑑別
        ☆ 気力・体力低下がより強い →補中益気湯
        ☆ 「血虚」が明らかで胃腸虚弱がない →十全大補湯

         

        ●人参養栄湯(にんじんようえいとう)の使用目標
        ☆補中益気湯証で不眠・咳・血虚(血流障害・肌荒れ)がある


        ★十全大補湯-川きゅう+陳皮+遠志+五味子
        ☆アルツハイマー型認知症に対する多数例比較試験
         /欲不振を改善 ◆MMSEスコアーの改善

         

        ●補中益気湯と近縁処方の比較
        ・・・参耆剤の「人参・黄耆」の配合量が多い方が補材としての効果が高い
        血虚高度・脾虚少ない⇒十全大補湯
        不眠・不安感がある⇒帰脾湯・・・+ほてり(+柴胡+梔子)⇒加味帰脾湯
        血虚・不眠がある⇒人参養栄湯

         

        ●大防風湯(だいぼうふうとう)の使用目標:四物湯が入っている参耆剤
        ・・関節の腫脹・疼痛、運動機能障害、鶴膝風(かくしつふう:膝ばっかり目立ってしまい鶴の脚のよう) 、下肢の筋力落ちてきた時(サルコペニア)に

         

        ●抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)の使用目標
        ・・「気うつ」を内包した精神神経の「過緊張」、イライラ、神経過敏、不眠、倦怠感、食欲不振

         

        ★解体新書・杉田玄白先生の嘆き・・『耄耋独語(もうてつどくご)』【腎虚】
        目がかすんで物がはっきり見えない
        耳は次第に遠くなる
        のぼせの強い日は耳鳴りがうるさくてたまらない
        歯がだんだん欠けて今は一本もない
        小水の方も近くなって夜も昼も何度も行かねばならず、間に合わずに出てしまう

         

        ★次のうち3つがあれば「腎虚」
        1.腰や背中がだるく痛む
        2.下腿がだるく踵,下腿外側が痛む
        3.耳鳴,聴力減退
        4.脱毛し,毛髪に艶がない
        5.歯の動揺,脱落
        6.性能異常(インポテンツ,夢精)
        7.尺脈弱

         

        ● 「腎虚」が基礎にある場合に使用
        六味丸:八味地黄丸去桂枝・附子・・腎陰虚=腎虚+ほてり
        八味地黄丸:腎陽虚=腎虚+冷え・・腰脚の倦怠・疼痛 排尿障害 耳鳴
        牛車腎気丸:八味地黄丸+牛膝(駆瘀血)・車前子(利水下肢の疼痛・シビレには八味地黄丸より強力
        真武湯:腎陽虚

         

        ●甘草1.5g/日 以内なら偽アルドステロン症はまずでない

         

        大野修嗣先生 大野クリニック院長/日本東洋医学会 副会長  
        2018.11.8【開催報告】第51回 埼玉若手漢方医会

         

         

        画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

        画像に含まれている可能性があるもの:2人、奥平 智之さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)

        画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

         


        【平成30年11月15日開催】小田原市薬剤師会学術研修会にて、 奥平智之が講師を務めます

        0

          JUGEMテーマ:食事・栄養療法

           

          H30.11.15 小田原市薬剤師会学術研修会にて、

          奥平智之が講師を務めます

          日時:平成30年11月15日(木) 19:30〜21:00

          場所:川東タウンセンターマロニエ集会室202号室(定員100名)

             *いつもの保健センターではありませんのでご注意ください

          講演:「血液検査の影響額的な解釈」〜栄養精神医学の視点から〜

          講師:山口病院精神科 部長、日本栄養精神医学研究会 会長 奥平智之先生

          参加費:小田原薬剤師会会員:無料

              他薬剤師会会員:1000円(会員証の提示をお願いします)

              上記以外の薬剤師:3000円(この機会に是非小田原薬剤師会にご入会くだい)

              薬剤師以外の他職種、学生*、一般:無料(*学生証の提示をお願いします)

          研修単位:日本薬剤師研修センター(1単位)

          ※研修会開始時刻を20分過ぎますと研修シールの配布が出来ませんので、あらかじめご了承ください。

          主催:公益社団法人 小田原薬剤師会

          共催:公益社団法人 神奈川県病院薬剤師会

          申込:事前申込は不要

           


          【2018年11月17日(土)14時から17時開催】【名古屋】【〜テケ食!ベジデコサラダの会〜食事栄養療法倶楽部2018】森安美月先生&奥平智之先生

          0

            JUGEMテーマ:食事・栄養療法

             

            食事栄養療法倶楽部2018in名古屋


            ※会場予約の為事務局へのお申込みが必要です。

             

            〜テケ食!ベジデコサラダの会〜

             

            日時:2018年11月17日(土) 14時〜17時

            ○奥平  智之  先生
             (おくだいら ともゆき)
               医療法人山口病院 精神科部長
               日本栄養精神医学研究会 会長
              http://mhealth.jugem.jp
              https://www.dr-okudaira.com
              https://twitter.com/syokujieiyo

             

            ○ 森安 美月  先生
              (もりやす みつき)
                株式会社 MitsukiStyle 代表取締役
                 一般社団法人 日本ベジデコサラダR協会 理事長
               2017年5月発刊(幻冬舎)『ベジデコサラダの魔法』


            ★データの解釈希望者は血液検査結果をお持ちください

            ・参加条件:どなたでもご参加いただけます

            ・会場:ひすい焼きステーキ 八傳 Hachiden
                      名古屋市中区丸の内3-21-25清風ビルB1 
                 TEL052-953-6021
                      地下鉄「久屋大通」駅 西改札一番出口より徒歩2分 
                     
            ・参加費: 3000円
                  +ベジデコサラダ、カフェをご注文、各自ご精算ください
            ・キャンセル:11/12(月)まで
            ・申込み:先着順(定員になり次第締め切り)
              件名:11/17食事栄養療法倶楽部2018in名古屋
              所属・役職・資格・住所・当日の連絡先・Facebookの有無・参加理由を添えて
             syokujieiyo@gmail.com  までご連絡ください      

             事務局 中山(Tel: 09084635357 )                                         
                               
            事務局からの返信メールをもちまして、お申込み完了となります
            事務局よりの返信メールが受信できますよう、設定をお願いいたします
                                                                         
                                    

            【講師プロフィール】
            ○奥平智之(おくだいら ともゆき)先生 ○ 

            医療法人山口病院 精神科部長
            日本栄養精神医学研究会 会長
            埼玉県立川越特別支援学校 校医

            略歴:精神科専門医。漢方専門医。日本大学医学部卒後、日本大学医学部精神医学系精神医学分野に入局。同大学医学部附属板橋病院、東京都立広尾病院の神経科を経て、埼玉県川越市にある山口病院に勤務。日本大学病院東洋医学科と東京女子医科大学東洋医学研究所(非常勤講師)で漢方外来、新宿溝口クリニック栄養療法外来・セミナー講師を経て、2016年より日本栄養精神医学研究会を創設。著書に、『ココロの不調回復 食べてうつぬけ〜鉄欠乏女子(テケジョ)を救え!〜』(主婦の友社)など。雑誌「精神看護」で栄養について連載している。
            「メンタルヘルスは食事から」をモットーに、一般的な精神科診療に加え、個人の体質や病態に合わせ、食事や栄養学的治療、漢方治療を取り入れた診療を行っている。また、講演や学会、著書などを通じ、栄養精神医学の大切さを啓蒙している。栄養精神医学とは、栄養や腸管が精神症状・身体症状・向精神薬に対する影響、また栄養面からの精神疾患の治療や予防を考える精神医学の一分野である。栄養精神医学におけるレジリエンスを「ストレス耐性+自己治癒力」と定義し、レジリエンスを向上させることを中心に、心身の改善と減薬を目指している。メンタル不調者には様々な栄養面や腸管の問題が隠れているがことがあるが、日本で一番深刻なのは女性や子どもの鉄欠乏の問題である。「貧血がない鉄欠乏状態」は血液検査でヘモグロビン値が正常であるために見逃されているのが実情。しかし、鉄欠乏に伴う心身の不調や美容で悩んでいる人は多い。胎児の中枢神経系の発達などにも鉄が必須であるため、女性の鉄欠乏状態は次世代の子どもたちの心身の不調にもつながる可能性がある。注意散漫、落ち着きのなさ、疲れやすさ、情動不安定、睡眠障害、学習能力の低下など・・・。鉄欠乏女子を“テケジョ”、鉄欠乏の子どもたちを“テケコ”と名付け、注意喚起をしている。

            専門:栄養精神医学、精神科漢方

            資格:精神科専門医・指導医、漢方専門医、日本女性心身医学会認定医、日本老年精神医学会専門医・指導医、日本統合医療学会認定医・指導医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医、精神保健指定医(厚生労働省)、精神保健判定医(医療観察法)など 

            活動:埼玉メンタルヘルス交流会会長、食事栄養療法倶楽部代表、日本うつ病学会評議員・双極性障害委員会フェロー、日本心身医学会代議員、日本プライマリ・ケア連合学会代議員、日本スポーツ精神医学会理事、日本未病システム学会評議員、埼玉県公安委員会指定医(認知症専門)、精神鑑定業務、埼玉県西部地区東洋医学研究会世話人、埼玉若手漢方医会 会長、東京若手漢方医会 会長、川越市医師会学術委員/認知症対策委員/医会幹事、企業の産業医 など

             

            ○ 森安 美月 (もりやす みつき) 先生  
            株式会社MitsukiStyle 代表取締役  
            一般社団法人日本ベジデコサラダR協会 理事長
            グルテンフリー料理家 
            ベジデコサラダデザイナー 
            ホリスティックヘルスコンサルタント1級

            グルテンフリー料理家として、健康と美の食スタイルである低糖質およびグルテンフリーのメニュープロデュース、また、そのレシピや調理法を研究し発信している。
            「ベジデコサラダR」のデザイナーとしても活躍。 
            ホリスティックヘルスコンサルタント(龍村ヨガ研究所)25年のキャリアを生かし、ヨガ道による体と心の気づきを提唱している。
            2017年5月25日、幻冬舎より『ベジデコサラダの魔法』を上梓

            ベジデコサラダ®公式ホームページ

            森安美月公式ホームページ

            ベジデコサラダ®の魔法

             

             

             

            画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:2人ã€�ã€�スマイルã€�テã‚スト

             


            【栄養士さんも「鉄欠乏女子」多い】日本精神科病院協会大阪府支部 学術教育研修会「栄養士部門」ランチョンセミナーにて 奥平智之が講師を務めました

            0

              JUGEMテーマ:食事・栄養療法

               

              日本精神科病院協会大阪府支部 学術教育研修会「栄養士部門」ランチョンセミナーにて

              奥平智之が講師を務めました

               

              『栄養精神医学』の重要性〜精神症状の緩和と合併症対策〜

              日時:2018年10月25日(木)

              場所:大阪府天王寺区石ヶ辻町19-12 ホテルアウィーナ大阪(予定)

               

               

              栄養士さんも「鉄欠乏女子」多い


              「爪チェック」で「テケジョチェック」
              多くの方が、爪ペッタンコ。

              ふにゃふにゃの人も…

              素晴らしく綺麗な爪の方もいましたが(優秀)。

              お食事、鉄など、考えた方がいいかも…
              満員でした。

              栄養士対象講義
              日本精神科医学会

               

              画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:室内

              画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:5人ã€�座ã�£ã�ã‚‹(複数ã�®äºº)ã€�テーブルã€�室内

              画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:1人以上ã€�座ã�£ã�ã‚‹(複数ã�®äºº)ã€�室内

              画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:座ã�£ã�ã‚‹(複数ã�®äºº)ã€�室内


              【メンタルに亜鉛は大切!!】宮澤先生講義:2018.11.2【開催報告】 日本栄養精神医学研究会

              0

                JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                 

                【メンタルに亜鉛は大切!!】宮澤先生講義


                ◎亜鉛・銅バランスは暴力行動と関連する
                ・・❝1976, Walsh ,Nutrient Power❝ 日本語版「栄養素の力」
                ^ ̄堯疇爾了のみ、温厚で正常
                亜鉛>銅、亜鉛<銅でも攻撃的・・ただしタイプが違う(爆発的orいつも)

                ・攻撃的な男性(1.40)は対照(1.02)に比べて有意に銅/亜鉛レベルが高い(p<0.01).
                Physiol Behav. 1997 Aug;62(2):327-9.

                 

                ◎神経伝達物質の代謝にB6、亜鉛、銅が深く関与している・・銅過剰タイプ(17%)
                ・・ドパミンの代謝に、ビタミンB6、銅が必要

                 

                ◎銅過剰タイプ(17%)は、ノルアドレナリンが上昇し、ドパミンが低下・・95%以上が女性!!

                <特徴>銅過剰でエストロゲンが増加・・女性特有の症状
                強い不安感・パニック傾向がある
                産後うつ病を引き起こす可能性がある
                活動的である
                SSRIで不安が増強する
                安定剤ではうつが治らない
                ピル、ホルモン補充療法で悪化
                敏感肌である

                 

                ◎ADHDの68%は銅過剰・・ドパミンからノルアドレナリンの産生を促進
                結果・・ドパミンが低下し不注意、ノルアドレナリン・アドレナリンが増加し多動
                ☞ここを亜鉛は抑える・・集中力を高め、冷静になる・・亜鉛が重要
                ☞葉酸、B12は、注意、幻覚妄想、不安を軽減する
                ☞犯罪者の多くは毛髪リチウムレベルが低い

                 

                ◎銅過剰タイプの治療
                ・亜鉛で徐々に過剰な銅を排除していく
                ・ビタミンC、B6

                 

                ◎亜鉛、銅、ビタミンB6の関係
                亜鉛と銅はブラザーイオン(通常は1:1)
                エストロゲンで銅↑(エストロゲン高い人は銅過剰タイプ)
                亜鉛で銅↓(メタロチオネインを介する)
                ピロールの産生量が多い体質のひと(亜鉛とVB6を排泄する体質)は亜鉛↓VB6↓よって、銅↑

                 

                ★体質によって補充すべき栄養素は変わってきます。

                 

                NPO法人高濃度ビタミンC点滴療法学会 理事
                分子栄養学実践講座主宰 
                臨床分子栄養医学研究会代表
                宮澤医院 宮澤賢史 先生
                『うつ病のタイプ別治療 亜鉛銅バランスと精神疾患の深い関係』
                2018.11.2【開催報告】 日本栄養精神医学研究会

                 

                 

                画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、画面、室内

                画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

                画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

                画像に含まれている可能性があるもの:32人、、奥平 智之さん、Kazama Haruさん、Ichikawa  Sakikoさん、Mayumi Kamesakaさんなど、、スマイル、室内

                画像に含まれている可能性があるもの:2人、奥平 智之さんを含む、座ってる(複数の人)、画面、室内


                【スポーツ×鉄欠乏】【開催報告】 ●10/25奥平智之先生講演会 !『スポーツ×鉄欠乏』 貧血のない鉄欠乏を見逃すな! in大阪●

                0

                  JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                   

                  【開催報告】

                  10/25奥平智之先生講演会 !『スポーツ×鉄欠乏』 貧血のない鉄欠乏を見逃すな! in大阪

                  一般社団法人 日本スポーツ栄養コンディショニング協会主催

                  奥平智之先生 講演会『スポーツ×鉄欠乏』

                  貧血のない鉄欠乏を見逃すな! 〜栄養精神医学の立場から〜

                   

                  スポーツ✖鉄欠乏
                  ★「運動」鉄の必要量が増える!
                  \峽豕 
                  筋肉 

                  だ峽豕紊足裏が地面に着地する衝撃で壊れる

                   

                  ★炎症があるときは、「鉄」飲まない!
                  ➡怪我している時
                  ➡風邪ひいているときなど…

                  貧血がなくて見逃されている鉄欠乏女子(テケジョ)、子どもたち、運動や仕事や学習のパフォーマンスが落ちます。
                  お子さん、お友達、大丈夫ですか?

                   

                  日本スポーツ栄養コンディショニング協会
                  「食×スポーツで、日本に元気と笑顔の花を咲かせます」という理念のもと、予防医学を土台にしたスポーツ栄養で、怪我を予防し、100%のパフォーマンスを発揮できるようにスポーツを頑張っていらっしゃる方々をサポートをされている協会です。
                  http://jsnca.com

                   

                  画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:24人ã€�ã€�奥平 智之ã�•ã‚“ã€�å�‰ç”° 明暉代ã�•ã‚“ã�ªã�©ã€�ã€�スマイルã€�ç«‹ã�£ã�ã‚‹(複数ã�®äºº)

                  画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:1人以上ã€�ç”»é�¢

                  画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:1人以上ã€�座ã�£ã�ã‚‹(複数ã�®äºº)ã€�テーブルã€�室内


                  【メンタルヘルスは食事から】★第25回日本未病システム学会にて奥平智之がポスター発表いたしました★

                  0

                    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                     

                    メンタルヘルスは食事から
                    精神疾患も「未病」の段階からアプローチして予防できれば理想的。

                    「栄養」の問題で一過性に幻聴や妄想を引き起こすこともある。

                    今年は座長と発表をさせていただきました。有意義な会でした。

                     

                     

                    ★第25回日本未病システム学会にて奥平智之がポスター発表いたしました

                    プログラム

                    ポスター発表(一般演題)

                    A1『精神・神経1』 10月27日㊏ 11:00〜11:30

                    ポスター会場[1F 特別会議室]

                    座長:奥平 智之(日本栄養精神医学研究会)

                     

                    A1-2 低栄養状態を背景に幻覚妄想状態を呈した例に対する一考察

                    ○奥平 智之、若槻 晶子、大賀 健太郎 医療法人山口病院(川越)

                     

                    画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:2人ã€�奥平 智之ã�•ã‚“ã‚’å�«ã‚€ã€�ã€�スマイルã€�ç«‹ã�£ã�ã‚‹(複数ã�®äºº)

                    自動代替テã‚ストã�¯ã�‚ã‚Šã�¾ã�›ã‚“。

                    画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:テã‚スト


                    【ビタミンB6の併用が良い統合失調症の患者さんがいる】

                    0

                      JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                       

                      ビタミンB6の併用が良い統合失調症の患者さんがいる


                      〇AGEs(えーじーいーえす)って聞いたことありますか?

                      タンパク質に「糖」がベタベタくっついてしまうイメージ。
                      パンケーキが熱でこんがり焼けた茶色のコゲに例えられます。

                      カルボニルストレス(有害なカルボニル化合物が体にたまってしまうこと)が強くなると、AGEs(終末糖化産物)がたまってしまいます。

                       

                      〇AGEsはAGEs受容体にくっついて、細胞内の『炎症』を増やします。
                      糖尿病や心血管障害の病態に深く関係していますが、これらが原因による死亡率は、統合失調症では、健常者と比べて3倍も高く(Olfson;2015)、平均寿命は、なんと、20年以上も短いのです(Tiihonen;2009)。

                       

                      〇ビタミンB6は、3種類(ピリドキサミン、ピリドキシン、ピリドキサール)あります。
                      この中で、ピリドキサミンのみが、カルボニル化合物を捕らえてAGEsの産生を抑えて、カルボニルストレス抑制作用があります。

                       

                      〇カルボニルストレスの血清マーカーは「ペントシジン」。
                      ペントシジンが高値の統合失調症の患者さんにピリドキサミンを1200〜2400/日で投与。かなり多いですね・・・

                      10名中2人の患者さんにおいて精神症状の改善、疎通性や感情表出が明らかに改善しました。
                      また、4名の患者さんで錐体外路症状(手がふるえるなど・・)の副作用が軽減しました。
                      ⇒《理由》ピリドキサミンから変換されたピリドキサールによって、セロトニン、ドパミン、GABAなどの脳内神経伝達物質が調整されたことが、精神症状の改善や副作用軽減につながったかもしれません。

                      ※マウスの動物実験では、ピリドキシンを与えると、海馬でのBDNF(脳由来神経栄養因子)が有意に上昇するという報告があります(Yoo;2011)。

                      ▲團螢疋サミンの投与量が多かったためか、2名にビタミンB1欠乏が生じました。

                      ⇒《理由》大量のピリドキサミンがピリドキサールに変換され、アミノ基をもつチアミンを捕らえて、枯渇させたかもれません。

                      4名に眠気がみられました。
                      ⇒《理由》GABA濃度の上昇が原因かもしれない。

                      ★有用だったのは、統合失調症の一部の患者さんだけでしたが、副作用が比較的少ないことを考えれば、ビタミンB6も考慮しても良いかもしれない。

                       

                      宮下光弘ら:カルボニルストレスが亢進する統合失調症患者に対するピリドキサミンの治療可能性.精神神経学雑誌,120(10);861-867.2018

                       

                       

                      画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:1人以上


                      | 1/68PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
                        瀬川里香 (12/19)

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM