【妊産婦のメンタルヘルスは食事から】

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    妊産婦のメンタルヘルスは食事から

     

    鉄&タンパク質は大切です。

     

    でも、炎症(からだの火事)がある人は、

    身体の炎症(腸の炎症、脂肪肝による炎症など‥)を治してから、

    鉄を飲むようにしましょう。

     

    まずは、腸と副腎を整える。

     

    食を含めたライフスタイルを見直してみよう。

     

    埼玉周産期メンタルヘルス研究会

     

    画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、電話


    【腸を介さない鉄剤投与はダメ】

    0

      JUGEMテーマ:食事・栄養療法

       

      【腸を介さない鉄剤投与はダメ】
      点滴で腸を介さないで、タンパク質とくっついていないフリーの鉄をばらまけば、活性酸素で体中を傷つけてしまう。
      そのため腸を介した鉄投与が大切。
      静脈からの投与は、本来ではありえない投与経路。

      必要な分だけ鉄を吸収して体内に入れる巧妙な仕組みが腸にはある。

      ★鉄剤注射、全競技で「注意」...医師会が文書通知へ〔読売新聞〕
      2019年01月11日 

      高校駅伝の一部強豪校で貧血治療用の鉄剤注射が不適切に使われていた問題で、日本医師会は全国の医師に向け、陸上選手に限らず各競技、全年代の選手に対し安易に使用しないよう文書で注意喚起する方針を決めた。近く日本医師会長名で、各都道府県医師会などに所属する約21万人の医師に伝達する。日本陸上競技連盟が昨年12月に表明した鉄剤注射の「治療名目でも原則禁止」の方針に医師会が協力することになる。

      陸連は昨年12月27日、鉄剤注射の不適切使用の根絶には医療現場との連携が不可欠と判断し、日本医師会に協力を要請していた。

      陸連や医師会の複数関係者によると、文書では、鉄剤注射が高校生の一部選手に使われていた実態があり、陸連から根絶に向けて協力依頼を受けた経緯などを説明。「鉄分の過剰摂取につながることがあり、慢性の副作用を引き起こす恐れがある」などと指摘し、選手や指導者から依頼されても安易に使わないよう注意を促している。

      医療現場の理解をより深めてもらうため、文書には陸連の注意事項も添付する。陸連は、重度の貧血治療でも「最初は経口鉄剤」とし、注射による治療を行う場合は血液検査をするよう求め、鉄剤注射の「過剰使用による副作用は重篤」などと注意喚起している。

       

       


      【ダイエットに大切な「短鎖脂肪酸」と「鉄」】

      0

        JUGEMテーマ:食事・栄養療法

         

         

        ダイエットに大切な「短鎖脂肪酸」と「鉄」】
        ★「短鎖脂肪酸(=酪酸など)」を多く作り出すのは、水溶性食物繊維。
        わかめ・もずく・こんぶなどの海藻類や、
        ごぼう・アボガド・オクラ・モロヘイヤ・春菊などの野菜類、
        納豆・きなこなどの豆類・・・。

         

        短鎖脂肪酸は、大腸で作られて、大腸で吸収。

         

        短鎖脂肪酸は脂肪細胞にある短鎖脂肪酸受容体に作用して脂肪細胞へのエネルギーの取り込みを抑え、脂肪細胞の肥大化を防いでくれます。

         

        神経細胞にある短鎖脂肪酸受容体にも作用し、交感神経系を介してエネルギー消費を促す作用もあります。

         

        腸管ホルモン(GLP-1やPYY)を分泌させて、脳に作用して食欲を抑える働きがあり、満腹感を持続させて過食を防止。

         

        短鎖脂肪酸の中でも「酪酸」は、大腸上皮細胞のエネルギー源として利用さます。また、酪酸には過剰な免疫反応を抑える免疫細胞(Treg細胞)を増やす効果があります。

         

        ビフィズス菌は「酢酸」を多く生産してくれます。

         

        短鎖脂肪酸は酸性の成分なので、短鎖脂肪酸ができると弱酸性の腸内環境になり、有害菌の出す酵素の活性を抑えてくれるので、腸内環境が良くなります。

         

        弱酸性で、「鉄」やマグネシウムや亜鉛などのミネラルが吸収しやすくなります。

         

        ★ミトコンドリアで効率良くエネルギーを燃やすには『鉄』が欠かせません。

         

         

         

        ※奥平智之監修の記事がファンケルスタイルに掲載されました。下記より全文をお読みいただけます。

         

        年齢と共に移り変わる美と健康と賢く付き合うためのWebマガジン Fancl style

        【医師監修】30代からのダイエットは体脂肪を減らして!食事で賢くコントロール 参照

         

        目次✍

        どうして体脂肪を減らさないといけないの?体重を減らすだけじゃだめな理由
        ダイエットで大事なのは内臓脂肪を減らすこと!
        毎日の食事で体脂肪を減らしましょう!摂取したい栄養素は?
        脂肪燃焼に必要な栄養素を効率よく摂取するために。血液検査も◎
        ダイエットで避けるべき食品は?
        おわりに

         

         

        画像に含まれている可能性があるもの:食べ物


        【適度な運動習慣が鉄の吸収を高める】

        0

          JUGEMテーマ:食事・栄養療法

           

          適度な運動習慣が鉄の吸収を高める


          糖質過多で隠れ脂肪肝、隠れ内臓脂肪が多い方、「微細な炎症」(からだの中の小さな火事)が、鉄の吸収効率を下げているかもしれません。
          適度な有酸素運動を。激しい運動は一時的に炎症を起こして、鉄の吸収を妨げます。

           

          画像ã�«å�«ã�¾ã‚Œã�ã�„る可能性ã�Œã�‚ã‚‹ã‚‚ã�®:1人ã€�室内


          【鉄iron の語源と歴史】

          0

            JUGEMテーマ:食事・栄養療法

             

            鉄iron の語源と歴史
            鉄の語源は、

            英語のironはラテン語の「鉱石aes」から、

            ドイツ語のEisenは鉄の光沢が「氷Eis」に似ていること
            に由来するといわれています。

            元素記号Feは、ラテン語の「硬い」や「強固」を意味するfirinusに由来するferrumといわれていますが、詳細は不明。

            第一鉄を意味するferro、ferrous、
            第二鉄を意味するferri、ferricは,
            ferrumから派生した言葉です。

            人類がはじめて出合った金属である鉄は、隕石に起源をもつといわれています。
            鉄がつくられはじめたのは、紀元前5000年ごろ、エジプトやアッシリアで、原子的な炉が用いられ、当時はかなりの不純物を含んでいたと考えられています。

            アナトリア(現在のトルコ)にはいったヒッタイト民族は、高度な製鉄技術をもって強大な帝国を築いたといわれていますが、ヒッタイト滅亡の後、その製鉄技術が周辺諸国に広がり、鉄器時代が花開きました。

            また紀元後の初期、インドの治金家が鉄を精錬加工することに成功し、当時最も硬い金属であった鉄は、さまざまな道具や武器製造のために使われました。
            鋳鉄をつくる最初の溶鉱炉が発明されたのは、15世紀末のことでした。

            鉄と鋼を精錬する方法は急速に発達し、1855年鋼をつくる転炉法が開発され、現在もなお用いられています。
            電解法による鉄の製造法が開発されたのは、20世紀にはいってからのことです。

            ヒトと鉄との関係は古代ギリシャ時代から知られており、ヒポクラテスは貧血が「鉄欠乏症」によるものと考え、その治療に鉄を用いたといいます。

            上原万里子ら: 鉄.Vitamin.76(4).213-221.2002

             

            画像ã<div class=


            【鉄欠乏女子(テケジョ)を救え!】

            0

              JUGEMテーマ:食事・栄養療法

               

              鉄欠乏女子(テケジョ)を救え!


              貧血がない鉄欠乏症で心身の不調を来している鉄欠乏女子
              ヘモグロビン(貧血の有無)で評価されてしまい、血液検査をしているにも関わらず見逃されてしまっています。
              貯蔵鉄(フェリチン)やMCVを測定することが大切です

              日本では健康増進法に基づいて、国民健康・栄養調査 が毎年実施されています。

              平成15年から国民健康・栄養調査において鉄欠乏の検査指標である血中フェリチン濃度の測定が導入され、20歳以上で鉄欠乏状態を正確に把握できるようになりました。

              しかし、平成21年で血清フェリチンの調査は終了。

              20代から40代の女性についてフェリチン濃度の平均値は、
              平均値でさえ30ng/mL未満で、月経のある世代における日本人女性は、鉄が枯渇している状況であることがわかります。

              平成24年からは血中フェリチン濃度のみならず、
              すべての鉄関連指標項目(赤血球数、MCV、MCH、MCHC)が調査項目から削除され、国民の鉄の栄養状態を把握することが難しくなりました。

              ★生理のある日本人女性:炎症を起こさずに
              『目指そう フェリチン50 !』

              鉄は肉や魚など動物性タンパク質に豊富に含まれています

              参照 厚生労働省:国民健康・栄養調査、許斐亜紀: 2015


              【どうなる?細胞内の鉄】

              0

                JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                 

                どうなる?細胞内の鉄
                図は細胞内の鉄ホメオスタシスを示したものです
                フェリチンには、「酸化ストレスからの保護の役割」があります


                ★鉄による活性酸素種は、DNAとタンパク質に直接損傷を与えます

                ・フェリチンが持つ「フェロキシダーゼ活性」
                ⇒ 二価鉄(Fe2+)を三価鉄(Fe3+)に変換する酵素活性
                三価鉄はそこで準安定状態に保たれます

                 

                ★血清中の可溶性『トランスフェリン受容体』(TfR)の量を測定することは、炎症性貧血との鑑別の場合に有用です
                この受容体は、細胞内の鉄不足に応答してトランスフェリン受容体がアップレギュレートされるという事実を反映して、鉄分が豊富な造血細胞によって排出されます

                 

                ★炎症性の貧血は、初めは正球性の貧血ですが、経過とともに小球性貧血のパターンをとるようになります

                 

                ★脳においては、フェリチンは希突起膠細胞、星状細胞および小膠細胞に発現しますが、ニューロンには発現しません。

                ニューロンの鉄は、主に『ニューロメラニン』と結合しています。

                ニューロメラニンが遷移金属の結合に細胞保護的役割を果たすかどうか、または鉄がニューロン内で放出された場合に細胞毒性を引き起こすかどうかは不明です

                 

                参照:Mary Ann Knovich et al :Ferritin for the Clinician: Blood Rev.23(3): 95–104. 2009

                 

                 


                【フェリチン(鉄の貯金箱)とは??】 

                0

                  JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                   

                  フェリチン(鉄の貯金箱)とは??】 
                  フェリチンは、細胞の内と外の両方に存在する『鉄結合タンパク質』。
                  アポフェリチンは、ほぼ球形の容器を形成しています。 
                  「アポフェリチン」は、鉄を含まない形態のタンパク質を指し、鉄含有形態は、「ホロフェリチン」または単にフェリチンと称されます。
                  アポフェリチンの殻は24のサブユニットで構成されています。
                  サブユニットは、HおよびLと呼ばれる2つのタイプのもの。
                  これらのサブユニットの比率は、組織のタイプによって大きく異なり、炎症性および感染性の状態で変わります。
                   
                  組織フェリチンは、豊富なHサブユニット(主に心臓および腎臓に見出される)からLリッチなサブユニット(主に肝臓および脾臓に見出される)までさまざま。

                  ★血清フェリチンは感染などのあらゆる種類の慢性炎症によって増加するため、解釈には注意が必要です。

                  ★鉄剤や鉄サプリを飲んで、血液検査でフェリチンが急上昇しても、鉄欠乏の症状の改善が伴っていないときは、注意が必要。
                  「炎症」などが隠れていないか確認する必要があります。

                   

                  参照:Mary Ann Knovich et al :Ferritin for the Clinician: Blood Rev.23(3): 95–104. 2009

                   

                   

                   


                  【鉄鍋(てつなべ)から溶け出る鉄】

                  0

                    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                     

                    鉄鍋(てつなべ)から溶け出る鉄
                    〜ビーフシチュー? 酢豚? 野菜炒め?〜
                    .咫璽侫轡船紂爾最も多かった
                    ・・・加熱時間が長かった

                    ⊃歹據ΑΑ酸性度の高い「食酢」を使用したが少なかったのは??
                    A.初めに野菜を「油」で炒めた
                    B.酢を加えてからの加熱時間がわずか1分と短かった

                    L邵昊屬
                    A.加熱時間が短かった
                    B.油で鍋の表面に「被膜」が作られ鉄が溶出しにくくなった

                    《まとめ》
                    ・鉄の調理器具を使うと、鉄の摂取量を増やすことができる
                    ・単に炒めるより、時間をかけてゆっくり煮込んだ方が、溶け出す鉄の量はよりアップ
                    ・「トマトや食酢などの酸」を含んだ食品を加えれば、鉄が溶けやすくなるので、さらに効果的

                     


                    【レバーと鉄】

                    0

                      JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                       

                      レバーと鉄
                      一般に、弱火でレバーを長時間調理すると苦みが増すため、料理のコツは、レバーを高温(約200℃)の油で短時間に揚げれば苦みを封じ込めることができ、おいしく食べられる(NHK「ためしてガッテン」)。
                      あるいは、レバーをみじん切りにし、ミンチに混ぜるのも一法である。

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/8PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
                        盒兇覆み (07/13)
                      • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
                        瀬川里香 (12/19)

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM