【腸】腸管に対する亜鉛欠乏の影響は?

0


    メンタル不調者は亜鉛が不足している人は多いです。健康な腸には、亜鉛が欠かせません。足りないと免疫力も低下しますし、肌荒れの原因にもなります。亜鉛と言えば、牡蠣、牛肉、卵、納豆、レバーなどですね。

     母体の亜鉛欠乏は、新生児の子どもの腸にも影響を与えますので注意する必要があります。腸上皮透過性の増加(リーキーガット)による炎症、および自己抗体の生成を含む免疫系異常を伴う場合もあります。細胞の増殖→分化→死のプロセスには大量の亜鉛依存性酵素が必要なのです。


     亜鉛は、腸の粘膜の維持に欠かせません。亜鉛欠乏は、腸粘膜の壊死、潰瘍形成、粘膜アポトーシス、炎症、浮腫、絨毛の構造変化の一因になります。

    亜鉛結合マトリックスメタロプロテイナーゼ9(MMP-9)の活性は杯細胞の数に影響し、それによってムチンMuc-2の分泌が増加するようです。ただし、亜鉛の大量摂取は、逆に腸を悪化させる可能性があります。血液検査をしながら適正量を摂取することが理想的です。

     

    消化管は重要な神経機能を果たしているため、「第二脳」と呼ばれることもあります。腸の神経やネットワークを経由して、胃腸は脳に影響を与えます。

    うつ病や不安障害の有病率を炎症性腸疾患(IBD)の併存疾患として調査すると、クローン病と潰瘍性大腸炎の2種類のIBDは、一般集団と比較してうつ病や不安障害などの精神障害に苦しむ可能性が高くなります。炎症性腸疾患(IBD)と過敏性腸症候群(IBS)の併存疾患を比較すると、以下のような報告があります。

    うつ病(IBS:61%; IBD:16%)

    全般性不安障害(IBS:54%; IBD:11%)

    パニック障害(IBS:61%; IBD:11%)

    広場恐怖症(IBS:25%; IBD:25%)


    亜鉛欠乏など隠れた栄養の問題をもっている人は多いです。まずは栄養面から腸を整えていきましょう。


    参照 Guillermo Vela, et al. Zinc in Gut-Brain Interaction in Autism and Neurological Disorders. Neural Plast. 2015


    日本栄養精神医学研究会




    【どうする?コロナ感染予防】奥平式クローブ水 パート3 食事栄養療法倶楽部

    0

      「クローブ」というスパイスをご存知でしょうか?チャイやカレーなどに使われる香辛料です。

      菌の繁殖を抑える効用があるため、6年前から日常の診療などで感染予防にクローブ水を愛用しています。


      ★★奥平式クローブ水の作り方★★

      『500mlのお水+乾燥クローブ1〜5つ+にがり数滴』


      ➡これに、お好みに合わせて、オレンジなどの柑橘系(フレッシュオレンジ、ドライオレンジなど。漢方医の立場で言えば、陳皮 ちんぴ など)、シナモン(桂枝 けいし)などを入れる。

      香ばしいクローブや爽やかな柑橘系は相性が良く、美味しい。


      風邪の時に、桂枝湯(けいしとう)などが使われますが、その桂枝は、シナモンのことです。クローブ水にシナモンパウダーなどを合わせるのも〇。


      クローブ(丁子 ちょうじ)はアロマセラピーでも使われていますね。

      風邪やインフルエンザなどの感染予防には、このクローブ水でをちびちび飲みながら、外来をやっています。時々、クローブ水でうがい。



      クローブの抗菌作用、柑橘系のリラックス作用。シナモンも含め、どれも胃腸を整え、食欲を高めてくれます。クローブ水は、食欲が落ちている高齢者や胃腸の機能が弱い人にもおすすめ。


      ペットボトルに口をつけると、夏は特に雑菌がわきやすいので、必ず、乾燥したクローブを一ついれるようにしています。

      朝は、クローブ水で口をゆすぐと、口の中の雑菌が死んで、口の中がさっぱり、口臭予防にもなります。



      クローブ水にいれる『にがり』は、不足しやすいマグネシウム補給のため。

      マグネシウムは、筋肉を緩める「弛緩ミネラル」と私は説明しています。刺激に対する神経の興奮を沈めるミネラルです。マグネシウムは、何百という酵素の働きを支えていますが、不足している人が多い現状があります。


       感染予防にビタミンD(粘膜ビタミン、免疫調整ビタミン)が大切です。ビタミンD欠乏の方も非常に多いです。実は、酵素がビタミンDを利用するにはマグネシウムが必要です。不足しがちのマグネシウムをきちんと補うことで、ビタミンD欠乏の症状を緩和することが期待できます。そこで、私の外来では「にがり」の活用をおすすめしています。

      まぶたがピクピクしたり、頭痛や生理痛がつらい、高血圧などの背景にマグネシウム不足であることがあります。


       この機会に、感染予防に、「クローブ&にがり」をベースに、オレンジやシナモンを日常生活に取り入れてみてはいかがでしょう。


      ★クローブの3つの作用:々涯檗´抗酸化&抗炎症 0瀋欧鮴阿┐襦⊃欲増進


      ✳奥平式クローブ水について

      「血液栄養解析を活用!うつぬけ食事術」

      「奥平式うつよけ簡単レシピ」

      https://amzn.to/2uv1wju 




      栄養医学的治療の土台〜胃腸を整える方法〜

      0

         

         栄養医学的な治療のベースは「胃腸」を整えることです。

        腸の不調はありませんか?

        便秘や下痢、腹部膨満感や腹痛、食べ物に過敏症、便のにおいがきつい、便の形がバナナ状でないなど・・・

        腸の状態によって優先順位ややるべきことは変わりますが、基本的に気をつけるべきことは同じです。できることからやってみましょう。


         消化不良は、腸の不調の原因になります。

        胃部不快感、胸やけ、制酸剤の常用、咀嚼回数が少ないなどは要注意。唾液や胃酸の分泌を促すために、酸味のあるものを意識してみましょう。例えば、レモン、梅干し、酢、ゆず、すだちなど。消化を助けるには大根おろしなどを食事に添えるのも〇。ボーンブロスも〇。


         腸の粘膜に大切なビタミンDや亜鉛は、不足している人が多いので要注意。腸の細胞のエネルギー源となるグルタミンも下痢や軟便の方によく使われます。グルタミンは、ストレスや運動などにより需要が高まり、免疫にも関与しています。


         胃腸を整えるには、生薬や漢方も活用すると良いでしょう。例えば、生薬に含まれる黄連や黄柏に含まれるベルベリンは、抗炎症効果が期待できます。漢方薬では黄連解毒湯などがありますが、胃炎などに使われることがあります。

         有害菌が有意な人は、いろいろ試して自分にあった有用菌(乳酸菌やビフィズス菌など)を継続的に多めに摂取しておくとよいでしょう。


         水溶性食物繊維は、腸内細菌によって大腸の細胞のエネルギー源となる短鎖脂肪酸に変わります。短鎖脂肪酸は、腸内を弱酸性にして有害菌を抑え、有用菌を増やし、肥満を抑える効果も期待できます。

         不溶性食物繊維は、水分を吸収して便を増量し、排便を促す効果があります。また、農薬や食品添加物、重金属、化学物質などの有害物を吸着し排泄する働きもあります(鉄欠乏女子テケジョ救出ガイドp68)。


         腸の不調の背景に、カンジダの異常繁殖があります。カンジダは、単糖類や二糖類がエサになります。甘い物がやめられない人は要注意。

        また、慢性的に腹部膨満感がある人は、SIBO(しーぼ:小腸に菌が異常増殖した状態)が背景にある可能性があります。消化力をあげて未消化物を減らすことと、まずは、パンなどの小麦を控えたり、発酵性の糖質を控えてみましょう。少量のクローブやガーリック、オレガノ、カルダモン、オリーブ葉などを取り入れてみるのも良いでしょう。



        https://amzn.to/2uv1wju



        【どうする?コロナ感染予防】奥平式クローブ水 パート2 食事栄養療法倶楽部

        0


          .ローブは、口臭予防などでも使えますが、コロナなインフルエンザなどの感染予防としては、「水500ml+クローブ1〜5つ+にがり数滴」(奥平式クローブ水)をこまめに少しずつ飲んだり、うがいしたりしています。とても安価で日常生活に取り入れやすいと思います。


          ∪里ら、お香には、浄め、気持ちを落ち着かせるなどの目的で使われてきました。口の中のお浄めとして、クローブを口の中に入れて噛んだり(含香:がんこう)、粉末状のクローブを手にすり合わせて使われたりしました(塗香:とこう)。そして、クローブをお風呂にいれて心身の浄めに使われることもあります(クローブ湯)。

          生薬や香料として、丁子(ちょうじ)もしくは丁香(ちょうこう)と呼ばれています。

          また、丁子油(クローブ油)は、日本刀のサビ止め、浄めとして使われました。

          昔から、クローブの香りが邪気払い、浄めとしても使われています。


          食事栄養療法における腸のカンジダの異常繁殖に対するアプローチとしては、腸内環境が悪い患者さんにカンジダの菌糸形成発育を抑制することを期待して、クローブ水をおすすめすることがあります。クローブ水には、腸を整えたり、抗菌・抗酸化・抗炎症作用があります。



          https://amzn.to/2uv1wju


          【どうする?コロナ感染予防】奥平式クローブ水 パート1 食事栄養療法倶楽部

          0

            500mlのペットボトルに、乾燥したクローブを3つほど入れて、にがりを数滴垂らして、こまめにちびちび飲みます。毎年、インフルエンザが流行する時期にはこのようなクローブ水を作って外来をやっています。抗菌力をさらに高めたいときは、釘(くぎ)の形をしたクローブを30秒程直接口にいれるのもOK。口の中に入れる時間が長すぎたり、噛むと舌がしびれてきます。昔から、口臭予防に使われていました。

            夏などは、直接、口をつけたペットボトルには、なるべくクローブを1つ入れるようにしています。その方が衛生的だからです。

            にがりは、主にマグネシウムを中心としたミネラル補給です。マグネシウムは、様々な酵素を支え、筋肉を緩めたり、免疫力にも関係します。栄養に関しては、亜鉛やビタミンD・Cなど、この時期はしっかり補給して免疫力を高めておいた方がいいでしょう。

            クローブの味としては、オレンジやレモンなどの柑橘系やシナモンとの相性が抜群。精油はアロマテラピーでも使われていますね。肉の臭みを消したり、カレーなどに良く使われます。適量摂取すると、胃腸を整えたり、食欲を増進させたりする効果もあります。これに、シナモンやオレンジの皮を添えると効果的です。弱い抗炎症作用や口腔内の痛みを緩和する作用も期待できます。クローブは、チョウジ(丁子)とも言います。

            昔から香辛料や生薬として使われています。クローブは「うつぬけ食事術」や「うつよけ」の書籍でも紹介しています。香辛料のコーナーに行くと、コショウの入れ物程度の大きさで、消費税込みで250円程度です。コスパは最高なので患者さんにおすすめしています。


            感染対策の一助になりますように。


            https://amzn.to/2uv1wju





            【統合失調症の治療】〜グルタミン酸受容体〜

            0

              【統合失調症の治療】〜グルタミン酸受容体〜

              グルタミン酸は、脳で最も豊富な興奮性アミノ酸神経伝達物質です。

              NMDAグルタミン酸受容体の活性化には、3つのイベントが同時に必要です。

              (i)GluN1カチオンチャネルのマグネシウムブロックを除去

              (ii)グリシンまたはD-セリンのいずれかによるGMS(グリシン調節部位)の占有

              (iii)神経伝達物質グルタミン酸のGluN2上の受容体への結合は、チャネルを開き、カルシウムの侵入を可能にします。カルシウムは、細胞内イベントのカスケードを誘導します。

              グルタチオンは、グルタミン酸、システイン、グリシンからできています。

              細胞内の抗酸化物質として、酸化ストレスから脳を保護する重要な役割を持っています。さらに、グルタチオンはNMDA受容体の酸化還元を調節します。

              そのため、細胞外グルタチオンのレベルを上げると、NMDA受容体が活性化します。内側前頭前野のグルタチオンレベルが統合失調症で健康なコントロールよりも低いという報告があります。


              統合失調症の難治性に有効性が高いクロザピンは、グリシンの取り込みのブロック、グリシン調節部位占有率の強化など、さまざまなメカニズムを通じてNMDA受容体の機能を強化する可能性があることが示されています。


              グリシンはNMDA受容体を介してNMDAチャネルの開口を強化します。経口グリシンを用いたいくつかのランダム化比較試験では、陰性症状の改善が示唆されました。


              D-セリンは、NMDA受容体における内因性コアゴニストであることが知られており、グリシンよりNMDA受容体の活性化を誘導します。

              D-セリンまたはD-アラニンは、統合失調症の陰性症状の治療に対する有効性が示されています。


              グルタチオンは、L-グルタミン酸、グリシン、およびL-システインの3つのアミノ酸から合成され、細胞外N-アセチル‐L‐システイン(NAC)濃度によって調節されます。

              NACは、細胞外Lグルタミン酸レベルと細胞内グルタチオンレベルを増加させます。さらに、NACはmGlu受容体の活性化を促進します。これらの補完的なメカニズムの結果として、NACはNMDA受容体機能を強化し、興奮毒性を低減できます。

              統合失調症患者を対象としたNACを用いたいくつかの臨床試験で、精神症状の改善が示されています。


              ATD:アミノ末端ドメイン

              CTD:カルボキシ末端ドメイン

              GMS:グリシン調節部位

              LBD:リガンド結合ドメイン

              PCP:フェンシクリジン

              TMD:膜貫通ドメイン。

              Uno, Yota, and Joseph T. Coyle. "Glutamate hypothesis in schizophrenia." Psychiatry and clinical neurosciences 73.5 (2019): 204-215.



              甘草を含まない漢方薬

              0

                ●甘草を含まない漢方薬

                7:八味丸

                8:大柴胡湯

                12:柴胡加竜骨牡蠣湯

                15:黄連解毒湯

                16:半夏厚朴湯

                17:五苓散

                21:小半夏加茯苓湯

                23:当帰芍薬散

                25:桂枝茯苓丸

                30:真武湯

                31:呉茱萸湯

                33:大黄牡丹皮湯

                36:木防已湯

                37:半夏白朮天麻湯

                40:猪苓湯

                46:七物降下湯

                57:温清飲

                69:茯苓飲

                71:四物湯

                87:六味丸

                100:大建中湯

                104:辛夷清肺湯

                107:牛車腎気丸

                112:猪苓湯合四物湯

                113:三黄瀉心湯

                116:茯苓飲合半夏厚朴湯

                117:茵蔯五苓散

                121:三物黄芩湯

                125:桂枝茯苓丸料加薏苡仁

                126:麻子仁丸

                127:麻黄附子細辛湯

                133:大承気湯

                135:茵蔯蒿湯


                ✴甘草でカリウムが低下することあり。



                2019年元旦 奥平智之より新年のご挨拶

                0

                  JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                   

                  【謹賀新年】あけましておめでとうございます


                  旧年中は大変お世話になりました。


                  本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                   

                  ☆病院で患者さんと年を越ししました。


                  お正月は医師会診療所で外来です^^


                  いい年になりますように!!!


                  今年は、書籍「栄養型うつ」ができました。
                   

                   

                  画像に含まれている可能性があるもの:奥平 智之さん、スマイル


                  【カンジダとは?】

                  0

                    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                     

                    カンジダとは?


                    カンジダは、Candida 属真菌の総称であり、その語源は「輝くように白い、雪のよう に白い」意味のラテン語名詞である(1)。

                     

                    属としての Candida は、1923 年に記載され た C. tropicalis に始まり、現在までに 365 種が記載されている(2) 。 

                     

                    本属の菌は菌種によってソーセージ状の仮性菌糸あるいは真正菌糸を形成するが、通 常は出芽によって生殖する球形から卵形の単細胞真菌(細胞の長径は概ね 3-6μm 程度) である(2) 。


                     一般に、自然界において主に単細胞で発育する真菌を「酵母 yeast」と称することか ら、カンジダも形態学的に酵母といえる。


                    しかし、「酵母」という呼び名は単に発育形 態に与えられた名称であって、後述するように系統分類学的には意味がない。


                    また、ヒ トの生活との関連から、パン酵母、清酒酵母等として産業的に利用されている有用酵母 Saccharomyces cerevisiae 等に対する和名としても「酵母」が使われる事が多く、むしろ こちらが原義である。

                     

                    1) 立川清.医語語源大辞典.国書刊行会 1976,豊島区 
                    2) Lachance M-A, Boekhout T, Scorzetti G, Fell, JW, Kurtzman CP. Candida Berkhout. In: Kurtzman CP, Fell JW, Boekhout T eds. The Yeasts, a Taxonomic Study. 5th ed. Elsevier, Amsterdam, pp. 987-1278, 2011.

                     

                    画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、木、空、屋外、自然


                    【朝食を食べる?】〜食事のタイミングとエネルギー代謝〜

                    0

                      JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                       

                      朝食を食べる?】〜食事のタイミングとエネルギー代謝〜


                      『食事誘発性熱産生』(DIT:Diet induced thermogenesis)は食事をすることによって起こるエネルギー代謝の亢進ですが,同じ食事をしても「朝」は夕方よりもDITが大きいです 1).

                       

                      そのため朝食欠食は昼食や夕食を欠食するよりもDITによるエネルギー消費量を獲得しにくいと言え,結果として1日の総エネルギー消費量の低下を招くとの考え方があります.

                       

                      しかし食事量の増大に伴いDITも大きくなる 2)ことから,朝食欠食によって昼食や夕食の量が増えるのであれば,1日の総DITに及ぼす影響はそれほど大きくないとも考えられます.

                       

                      朝食を欠食する条件と1日3食の条件における24時間のエネルギー代謝を比較した研究によると,1日の食事摂取量が同じであれば24時間のエネルギー消費量や脂質酸化量(脂肪が脂肪酸に分解されてエネルギーとして合成され消費される量)に有意な差は認められなかったとの報告 3)がある一方,朝食を欠食することでむしろ24時間のエネルギー消費量や脂質酸化量が増大したとの報告 4)もあります.

                       

                      いずれの研究も 糖代謝に関しては,朝食欠食による昼食後や睡眠時を含む24時間の平均血糖値の上昇 3)やインスリン抵抗性の悪化 4)が確認されており,『朝食を食べないこと』がエネルギー代謝に及ぼす影響だけではなく『2型糖尿病のリスク増大』につながることを示唆しています.

                       

                      同じ1日2食であっても,朝食ではなく昼食を欠食した場合と3食の比較をした研究 5)では,24時間のエネルギー消費量に有意な差は認められなかったものの脂質酸化量は2食の方が少なかったと報告されています.

                       

                      また,夕食を欠食する場合の2食条件では3食よりも24時間のエネルギー消費量が増加するという報告もあります 4).

                       

                      食事の回数を減らすのではなく,増やすことによるエネルギー代謝への影響も検討されています.

                       

                      3食と比較して6食 6)や14食 7)に分割して摂取しても,食事の総量が変わらなければ24時間のエネルギー消費量や脂質酸化量には有意な差が認められなかったと報告されています.

                       

                      さらに,2食と6食を比較した研究においても24時間のエネルギー消費量に有意な差が認められませんでした 8).

                       

                      1)Bo S, Fadda M, Castiglione A, Ciccone G, De Francesco A, Fedele D, Guggino A, Parasiliti Caprino M, Ferrara S, Vezio Boggio M, Mengozzi G, Ghigo E, Maccario M, Broglio F. Is the timing of caloric intake associated with variation in diet-induced thermogenesis and in the metabolic pattern? A randomized cross-over study. Int J Obese 39: 1689-1695, 2015 


                      2)Ekmekcioglu C, Touitou Y. Chronobiological aspects of food intake and metabolism and their relevance on energy balance and weight regulation. Obese Rev 12: 14-25, 2011. 


                      3)Kobayashi F, Ogata H, Omi N, Nagasaka S, Yamaguchi S, Hibi M, Tokuyama K. Effect of breakfast skipping on diurnal variation of energy metabolism and blood glucose. Obes Res Clin Pract 8: e249-e257, 2014. 


                      4)Nas A, Mirza N, Hagele F, Kahlhofer J, Keller J, Rising R, Kufer TA, Bosy-Westphal A. Impact of breakfast skipping compared with dinner skipping on regulation of energy balance and metabolic risk. Am J Clin Nutr 105: 1351-1361, 2017. 


                      5)Smeets AJ, Westerterp-Plantenga MS. Acute effects on metabolism and appetite profile of one meal difference in the lower range of meal frequency. Br J Nutr 99: 1316-1321, 2008. 


                      6)Ohkawara K, Cornier MA, Kohrt WM, Melanson EL. Effects of increased meal frequency on fat oxidation and perceived hunger. Obesity 21: 336-343, 2013. 


                      7)Munsters MJM, Saris WHM. Effects of meal frequency on metabolic profiles and substrate partitioning in lean healthy males. PLoS One 7: e38632, 2012. 


                      8)Taylor MA, Garrow JS. Compared with nibbling, neither gorging nor a morning fast affect short-term energy balance in obese patients in a chamber calorimeter. Int J Obes Relat Metab Disord 25: 519-528, 2001.

                       

                      岩山海渡, 運動や食事のタイミングがエネルギー代謝に及ぼす影響, 体力科学, 第67巻, 第5号, 351-356(2018)

                       

                      自動代替テã‚ストã�¯ã�‚ã‚Šã�¾ã�›ã‚“。

                       


                      | 1/10PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
                        盒兇覆み (07/13)
                      • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
                        瀬川里香 (12/19)

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM