【栄養精神医学におけるレジリエンスとは?】

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    栄養精神医学におけるレジリエンスとは?

     

    精神医学においてレジリエンス(resilience)に決まった訳語はないが、筆者のレジリエンスの定義は「ストレス耐性+自己治癒力」である。レジリエンスは、元々ストレスと同じく物理学の用語で、ストレスは外力による歪みを意味し、レジリエンスはその外力による歪みを跳ね返す力として使われ始めた1)。 

     「ストレス耐性」とは、様々なストレッサーがあっても、うつ病などの精神疾患が発症または再発しないためのストレスに対する抵抗力のことである。また、逆境や困難から立ち直る力でもあり、日常的なストレスに対処する力とも言える。つまり、ストレス耐性の向上は、精神疾患の発症や再発の予防につながる。

     次に、「自己治癒力」であるが、治療過程において、精神疾患から回復するための力を指す。精神疾患を発症しても、自己治癒力を最大限に発揮できる状態を目指すことで、必要最小限の薬物療法にできると考えられる。

     認知行動療法などの介入もレジリエンスを向上させるが、筆者は、見逃されがちな鉄欠乏などの栄養学的な問題の解決や腸管の状態の良化が、レジリエンスを大きく向上させると考えている。ここではレジリアントな人の特徴の一つとして「栄養や腸管が良い状態」を強調したい。    

     

     

    参考文献

    1)加藤敏, 八木剛平:レジリアンス  現代精神医学の新しいパラダイム. p9, 金原出版, 2009.

     

    出典

    奥平智之:栄養精神医学(2)鉄欠乏改善でレジリエンスの向上を!.精神看護(21)3:264-271, 2018

    P266より一部抜粋

     

     


    【栄養精神医学とは?】

    0

      JUGEMテーマ:食事・栄養療法

       

      栄養精神医学とは?

       

       メンタル不調に対して、医師は生活習慣の指導として、普段、睡眠衛生指導や運動指導を行っていますが、それと同様に食事・栄養指導は非常に大切です。栄養と精神の関係は未だ十分に解明されてはいないことが多く、エビデンスも十分に構築されていませんが、食事や栄養状態を改善することで心身の不調が軽減され、減薬につながることがあります。

       精神医学とは、各種精神疾患に関する診断・予防・治療・研究を行う医学ですが、『栄養精神医学』とは、精神症状・身体症状・向精神薬に対する食事・栄養・腸管の影響を考える精神医学の一分野です。

       食事や栄養の影響で精神症状がより重症化していたり、腸管の状態が経口薬の血中濃度に影響を与えていたり、腸内環境の悪化が精神症状に影響していたりすることがあります。

       精神症状のある患者さんに対して、身体的要因のひとつである栄養学的要因を十分に考慮する必要があります。栄養学的要因により症状が遷延または難治化していたり、向精神薬の多剤の一因になったりする可能性があります。そのため、血液検査など必要な検査をきちんと行い、栄養学的な要因を考慮することで治療効果が高められることがあります。食事や栄養面での改善を行っても、腸管の状態が悪かったり、食欲がなかったりすると、栄養学的な治療はうまくいきません。そのような場合は、薬膳や漢方生薬も活用するとよいのではないでしょうか。

       また、近年、精神科病院における入院患者の高齢化、それに伴う身体合併症予防が課題となっていますが、この点においても栄養精神医学は貢献できるでしょう。

       栄養精神医学は、食事や栄養の観点から患者さんのレジリエンス(ストレス耐性+自己治癒力)の向上に貢献すること期待される分野といえます。

       

      出典)

      奥平智之:栄養精神医学(2)鉄欠乏改善でレジリエンスの向上を!.精神看護(21)3:264-271, 2018

      P265・266より一部抜粋

       


      | 1/1PAGES |

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
        瀬川里香 (12/19)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM