【見逃されている鉄欠乏の子どものたち(テケコ)を救え!】今西康次先生 鉄欠乏講義:食事栄養療法倶楽部学術講演会2018in沖縄

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    見逃されている鉄欠乏の子どものたち(テケコ)を救え!】今西康次先生 鉄欠乏講義

     

    〇小児は微量元素欠乏症になりやすい・・対策が必要!!

    一部の器官は小児期の微量元素欠乏による永久的損傷が持続する可能性が高い。

    発達段階の脳は一部の欠乏状態(鉄)の影響を特に受けやすい

    ➤ネルソン小児科学第19版 : 微量栄養素ミネラル欠乏症

     

    〇妊娠末期の鉄欠乏⇒『胎児の脳神経の髄鞘化(=神経の情報を伝える神経線維のまわりを取り巻いているさやのこと) 』を遅らせる

    ➤埼玉医大新生児科教授 側島久典、Neonatal Care 2014,Vol27,p586

     

    〇乳児期の鉄補給は『運動発達』を促進する

    Iron Supplementation in Pregnancy or lnfancy and Motor Development:Arandomized Controlled Trial.

       Angulo-Barroso RM,et al.:Pediatrics Vol.137:pii:peds.2015−3547,2016[Epub ahead of print]

     

    〇米国小児科学会(AAP)栄養委員会の推奨・・貧血の前段階である鉄欠乏症の予防

    ・全ての早産児:生後12 カ月まで2 mg/kg/ 日の鉄の補充を勧めている

    ・正期産児の母乳栄養児(breastfed infants):生後4 カ月から1 mg/kg/日の鉄を補充することを推奨している

     

    〇意識を変えよう!

    *正期産時言おいても、貯蔵鉄は生後薬6ヶ月までに使い果たすため、生後6ヶ月以降は鉄を含む補完食が必要です

     

    *鉄欠乏状態が易刺激性や言語理解。発語の遅れなど『中枢神経系の発育・発達』に影響を与える可能性があります

     

    *鉄剤の補充は、標準的な用量(2〜3/Kg/日、最大6/Kg/日)で投与し、貯蔵鉄のモニタリングを行います

     

     ➤鉄剤投与のガイドライン改訂に関する最新トピック、

          滝島茂、Neonatal Care 2017,Vol30,p744

     

    〇見逃していませんか?

     

    《小児のむずむず脚症候群(RLS)》

     

    例えば睡眠中のこんな症状もRLSかもしれません

     

    ・布団に入ることを嫌がるなどの行動の問題

    ・入眠困難

    ・安定しない睡眠や夜間の中途覚醒

    ・就寝時刻に歩き回ったり走ったりする

     

    鉄欠乏も原因の一つです

    小児のRLSにおいては血清フェリチン値50ng/mL未満が70〜75%を占めるとされている

     

    RLSの症状を引き起こす薬剤があります・・抗ヒスタミン薬、H2ブロッカー、制吐剤など

    血清フェリチン値を測定し,『50』 ng/mL未満である場合は,鉄剤投与を行う。

     

    鉄剤の有効性は高く,5〜11歳のRLS患者の約80%で有効であり,症状が改善または消失するまでの期間は3.8カ月とされている。

     

    〇2018年10月沖縄市山里に食事栄養を重視した

    じねんこどもクリニック」開院予定です

     

     

    [開催報告] 7月11日

    食事栄養療法倶楽部 学術講演会2018 in沖縄

    「見逃されている子どもの鉄欠乏症」

     

     


    【2018年9月11日(火) 15時〜17時頃開催】【金沢】【金沢ケトンクラブ・堀田洋菓子店共催】

    0

      JUGEMテーマ:食事・栄養療法

       

      食事栄養療法倶楽部2018in金沢

       

      金沢ケトンクラブ堀田洋菓子店共催

       

       

      〜Dr.奥平との懇親会〜

       

      日時:2018年9月11日(火) 15時〜17時頃

       

      ○奥平  智之  先生

       (おくだいら ともゆき)

         医療法人山口病院 精神科部長

         日本栄養精神医学研究会 会長

        http://mhealth.jugem.jp

        https://www.dr-okudaira.com

        https://twitter.com/syokujieiyo

       

       

       

      ★データの解釈希望者は血液検査結果をお持ちください

       

      ・参加条件:どなたでもご参加いただけます

       

      ・会場:ホテル日航金沢 1F ファウンテン(ロビーラウンジ)

          石川県金沢市本町2-15-1TEL.076-234-1111(代表)

          JR金沢駅兼六園口より徒歩3分  

          http://www.hnkanazawa.jp/restaurant/fountain.html

       

      ・参加費: 3000

            +カフェをご注文、各自ご精算ください

       

      ・キャンセル:9/7(金)まで

       

      ・申込み:先着順(定員になり次第締め切り)

        件名:9/11食事栄養療法倶楽部2018in金沢

        所属・役職・資格・住所・当日の連絡先・Facebookの有無・参加理由を添えて

        syokujieiyo@gmail.com   

        までご連絡ください                                         

       

                         

      事務局からの返信メールをもちまして、お申込み完了となります

      事務局よりの返信メールが受信できますよう、設定をお願いいたします

                                                                   

                            事務局 中山(Tel:090-8463-5357)

       

          

      【講師プロフィール】

      • 奥平智之(おくだいら ともゆき)先生 ○ 

       

      医療法人山口病院 精神科部長

      日本栄養精神医学研究会 会長

      埼玉県立川越特別支援学校 校医

       

      略歴:

        精神科医・漢方医。日本大学医学部卒後、日本大学医学部精神医学系精神医学分野に入局。同大学医学部附属板橋病院、東京都立広尾病院の神経科を経て、埼玉県川越市にある山口病院に勤務。同大学板橋病院東洋医学科と東京女子医科大学東洋医学研究所(非常勤講師)で漢方外来、新宿溝口クリニック栄養療法外来・セミナー講師を経て、2016年に日本栄養精神医学研究会を創設。

       「メンタルヘルスは食事から」をモットーに、一般的な精神科診療に加え、個人の体質や病態に合わせ、食事や栄養療法、東洋医学を取り入れた診療を行っている。また、全国の学会や研究会で、栄養精神医学についての講演を行っている。

      栄養精神医学とは、食事や栄養、腸管が精神症状・身体症状・向精神薬に与える影響を考え、栄養面からの精神疾患の治療や予防を試みる精神医学の一分野である。栄養精神医学におけるレジリエンスを「ストレス耐性(予防)+自己治癒力(回復)」と定義し、レジリエンスの向上を中心に、心身の改善とその結果としての減薬を目指している。

      著書に『ココロの不調回復 食べてうつぬけ〜鉄欠乏女子(テケジョ)を救え!〜』(主婦の友社)があり、メンタルヘルスのための食事の工夫、血液検査の栄養学的解釈、栄養学的治療における東洋医学的な見立て、腸管の大切さ、減薬の方法などを、実際の症例を交えて解説している。

       鉄欠乏の問題は、老若男女にあるが、特に女性や子どもに多い。「貧血がない鉄欠乏」が心身の不調に大きく影響することはあまり知られておらず、血液検査をしても見逃されている現状がある。胎児の中枢神経系の発達などにも鉄が必須であり、女性の鉄欠乏は次世代の問題につながるためさらに深刻。鉄欠乏女子を“テケジョ”と名付け、注意喚起をしている。

       

      専門:栄養精神医学、精神科漢方

       

      資格:精神科専門医・指導医、漢方専門医、日本女性心身医学会認定医、日本老年精神医学会専門医・指導医、日本統合医療学会認定医・指導医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医、精神保健指定医(厚生労働省)、精神保健判定医(医療観察法)など

       

      活動:埼玉メンタルヘルス交流会会長、食事栄養療法倶楽部代表、日本うつ病学会評議員・双極性障害委員会フェロー、日本心身医学会代議員、日本プライマリ・ケア連合学会代議員、日本スポーツ精神医学会理事、日本未病システム学会評議員、埼玉県公安委員会指定医(認知症専門)、精神鑑定業務、埼玉県西部地区東洋医学研究会世話人、埼玉若手漢方医会 会長、東京若手漢方医会 会長、川越市医師会学術委員/認知症対策委員/医会幹事、企業の産業医 など

       

       

       


      【開催報告】食事栄養療法倶楽部 2018.6:森安美月先生&奥平智之先生

      0


        【森安美月先生 埼玉講演】


        〜テケジョを救う『ベコデジサラダ』〜 


        ○ ベジデコサラダ Vegedecosaladって?

        まるでデコレーションケーキのようなサラダ!

        ノンシュガー&グルテンフリー

        誰もが笑顔になる!


        ○ ベジデコサラダ®の主な材料

        野菜:ビタミン・ミネラル・食物繊維

                 フィトケミカル(抗酸化力のあるポリフェノール、フラボノイド、カロティン含有)

        とうふクリーム: 植物性タンパク質、ミネラルの天然にがり(Mg)含有

        麹: ノンシュガーの発酵食品、日本の伝統調味料=日本伝統の糀の使い方を海外に広めていく 

        大豆: 低糖質でグルテンフリー、女性に嬉しい大豆イソフラボン含有 


        ○ グルテン(グリアジン+グルテニン)は、弾力性と粘着性を持ち、アレルギーの原因になります

        ジョコビッチの「生まれ変わる食事」で脚光を浴びました


        ○ テケ食なベジデコサラダ®

        ★腸管対策+抗炎症対策+ストレス対策+酸味豊富で鉄吸収をサポート

        【テケジョ=鉄欠乏女子】 テケダン のための“鉄欠乏回復食”


        ○ 脱シュガーで味蕾を正常にすると

        エイジングケア、適正体重の維持、病気の予防、情緒のコントロールが可能に

        五味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)の働きも活発になります


        ○ 脱シュガーを続けるために大切なこと

        たんぱく質(大豆製品・卵・魚・肉)をしっかり摂る

        良質な油(オメガ3オイル、ココナツオイル)を選ぶ

        ×サラダ油(トランス脂肪酸)

        適切なカロリー量を摂る


        ○ 自分らしい食スタイルを考えて、自分の身体に聴く食べ方をしましょう!!


        ○ VegedecoSalad Lab:7月OPEN!ショップは金、土、日営業

        ベジデコサラダ、ノンシュガー&グルテンフリースイーツのメニュー開発や販売を行います


        ○ 一般社団法人 日本ベジデコサラダ協会


        食事栄養療法倶楽部 2018.6開催報告




        【平成30年9月17日(祝・月)AM 9:30開場 10:00〜12:00開催】【食事栄養療法倶楽部2018in埼玉:吉田明暉代先生&奥平智之先生座談会】

        0

          JUGEMテーマ:食事・栄養療法

           

          吉田明暉代先生&奥平智之先生座談会


          食事栄養療法倶楽部2018in埼玉
          平成30年9月17日(祝・月)AM 9:30開場 10:00〜12:00

           

          座談会「薬膳と鉄欠乏」
          ◯吉田 明暉代(よしだあきよ)先生
          Smiletable薬膳料理室 主催
          九州薬膳研究会 会長

          ◯奥平 智之(おくだいらともゆき)先生 
          医療法人山口病院 精神科部長
          日本栄養精神医学研究会 会長

           

           

          会場:ウェスタ川越 2階 活動室1
          埼玉県川越市新宿町1-17-17
          JR・東武東上線:川越駅 西口から徒歩5分

          参加費:無料 
          事前申し込み不要
          先着168名
          どなたでもご参加できます

          日頃の悩みを一緒に解決しましょう。途中参加・退出は自由です。


          吉田明暉代(よしだあきよ)先生の「教育講演」の後に座談会を行います。
          2018年に10単位取得の方は、食事栄養療法俱楽部より修了証の授与を予定しております。
          2018年1月以降の1回の出席で1単位とします。

           

          ★14時から『埼玉メンタルヘルス交流会(SMN)』を開催致します。
          吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニック 院長 吉田格先生と奥平智之先生の「心理とメンタルヘルス」をテーマにした講義がございます。詳細はホームページをご覧ください。

           

          ★次回:12月2日(日)
          AM 食事栄養療法倶楽部: 未定
          PM 埼玉メンタルヘルス交流会: 未定

           

          ★メンタルヘルス交流会は、10月31日(水)にも実施します。 
          19:00〜21:00 埼玉メンタルヘルス交流会:自衛隊富士病院 整形外科部長 横部旬哉先生

           

          食事栄養療法倶楽部 事務局:萩原遥
          メール:hgwr.kawagoe@gmail.com
          http://www.saitama-m.net
          https://www.facebook.com/eiyou.med
          http://www.saitama-m.net/cont9/main.html

           

           

          ◎吉田 明暉代先生のプロフィール◎
          薬膳料理教室 Smiletable 主催(福岡市)
          九州薬膳研究会 会長 


          大手パン教室講師を出産のため退職後、子育てしながら、パン・ケーキ・料理をジャンルを問わず学び、ケーキ教室アシスタント、ケーキ頒布会アシスタントを経験。 
          木の葉モールゆずここヘルシーレシピコンテストグランプリ受賞。 
          自身の体調不良から、薬膳に出会い、資格を取得。
          今までの料理経験をつなげて、病気のない、健康で楽しい毎日を遅れる家庭薬膳を目指しています。
          家庭の健康は、自分の選ぶ食材から。
          今食べたものが、自分の体を作ります。
          みなさまの健康づくりのお役に立ちたいです。

           【仕事内容】
           各種セミナー講師 レシピ作成 メニュー作成 商品開発 各種監修 テレビ、ラジオ出演 

          【資格・所属】 
          国際中医薬膳管理師
          中医薬膳師 
          薬膳アドバイザー
          国際薬膳食育師 
          小倉、下関、JAにて薬膳料理教室開催 
          オリーブオイルソムリエ・日本オリーブオイルソムリエ協会会員  
          だしソムリエ認定講師・だしソムリエ協会会員
          日本ワインソムリエ協会 シルバークラス認定
          チーズ・オブ・コムラード 
          製パン教室マイスター終了 指定分校講師認定書取得
          博多阪急にて季節の薬膳講師
          ヒューマンアカデミー講師 
           
           【メディア取材】 
          ・JIMOS マキアレイベル 「マキアライフ」、夢をかなえた女性たちの特集で取材を受け、10月号に掲載。 PARFECT ONE 食・性・美 取材掲載 西日本新聞4月6日 だしソムリエとして、だしの取り方、レシピ掲載。 
          ・西日本新聞7月 だしソムリエ3級検定講座 開催 掲載 
          ・全国茸新聞 熊本震災復興支援、乾しいたけの日イベント

          【掲載】 
          ・ふくおか経済 自宅取材
          ・テレビ西日本 ももち浜ストア ご飯に合うコーナー 出演 
          ・テレビ西日本 ももち浜ストア ちょい足しレシピコーナー 出演 
          ・RKBラジオ コミテン 世界を変えるラジオ出演

           

           

          ◎奥平智之先生のプロフィール◎
          精神科医・漢方医
          医療法人山口病院精神科部長(埼玉県川越市)
          東京女子医科大学東洋医学研究所非常勤講師(漢方外来)
          日本栄養精神医学研究会会長 https://www.j-np.net
          食事栄養療法倶楽部代表 https://www.saitama-m.net/cont9/main.html
          埼玉メンタルヘルス交流会会長 https://www.saitama-m.net

          病態が十分に解明されていない躁うつ病や統合失調症、発達障害は、未だ完治させる治療 法が確立されておらず、治療は“総力戦”であると考えている。
          一般的な精神医学的アプ ローチに加え、食事内容・東洋医学的所見・血液検査等も参考にしながら、個人個人の体質や病態に合わせ、食事療法・栄養療法・漢方治療を取り入れた精神科治療を実践している。臨床に日々取り組む傍ら、メンタルヘルスにおける栄養学や腸管の重要性、減薬方法について、全国の医療者・一般・企業向けに講演を行っている。
          鉄欠乏の問題は老若男女にあり、鉄はココロと体、美容に大きく影響している。『貧血がない鉄欠乏症』が影響している心身の不調は、健康診断等で血液検査をしても、見逃されているのが実情。胎児の中枢神経系の発達などにも鉄が必須であるため、女性の鉄欠乏の問題は更に深刻。鉄欠乏女子を“テケジョ”と名付け、注意喚起をしている。 

          【著書】
          『マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ 〜鉄欠乏女子(テケジョ)を救え!〜』
          http://amzn.asia/bHNDkGE
          ☆Amazon カテゴリーランキング1位(2017年11月10日調べ)
          ☆紀伊国屋書店梅田本店総合売上ランキング1位(2017年11月2日週調べ、コミック・文庫・宗教書を除く)

          【HP】
          https://www.dr-okudaira.com

          【ブログ】
          http://mhealth.jugem.jp/

           


          【2018年7月11日(水)15時から17時頃開催】【〜第二部・講演会〜食事栄養療法倶楽部2018in沖縄】今西康次先生&奥平智之先生

          0

            JUGEMテーマ:食事・栄養療法

             

            食事栄養療法倶楽部2018in沖縄


            ※会場予約の為事務局へのお申込みが必要です。

             

            〜第二部 学術講演会〜
            日時:2018年7月11日(水)15時〜17時頃(開場 14時45分)


            ○ 教育講演
               『見逃されている子どもの鉄欠乏症』
              今西 康次 先生(いまにし やすつぐ)
              医療法人沖縄徳洲会 南部徳洲会病院 小児科部長
              日本小児科学会専門医、認定小児科指導医
              日本プライマリ・ケア連合学会指導医
              日本体育協会公認スポーツドクター
                 https://www.nantoku.org/section/pediatrics.php

             

            ○ 特別講演
                『メンタルヘルスは食事から〜血液検査・腸管・テケジョ〜』
                奥平  智之  先生
              (おくだいら ともゆき)
               医療法人山口病院 精神科部長
               日本栄養精神医学研究会 会長
              http://mhealth.jugem.jp
              https://www.dr-okudaira.com
              

            <プログラム>
              15:00〜15:15  教育講演:今西康次先生
              15:15〜16:30  特別講演:奥平智之先生
              16:30〜     質疑応答

            ・参加条件:どなたでもご参加いただけます
            ・会場:沖縄県総合福祉センター
              沖縄県那覇市首里石嶺町4丁目373-1 
              電話番号:098-882-5811  
            ・参加費: 2500円
            ・キャンセル:7/6(金)まで
            ・申込み:先着順(定員になり次第締め切り)
              件名:7/11講演会食事栄養療法倶楽部2018in沖縄
              所属・役職・資格・住所・当日の連絡先・Facebookの有無・参加理由を添えて
             syokujieiyo@gmail.com  までご連絡ください                                                                                                  
                               
            事務局からの返信メールをもちまして、お申込み完了となります
            事務局よりの返信メールが受信できますよう、設定をお願いいたします
                                                                       
            当日幹事 上原 由美子(うえはら ゆみこ) 大塚 乃子(おおつか のりこ)    
            事務局  中山(Tel:090-8463-5357)

             

            ※第一部 懇親会(12時から14時)も開催いたします
               参加費:1000円+お食事代
               会場:ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城 
                グランドキャッスル カフェ&ダイニング
             詳細はイベントページにてご確認ください
             

                 
            【講師プロフィール】

             

            ○    今西 康次(いまにし やすつぐ)先生 ○

            日本小児科学会専門医/指導医
            日本プライマリ・ケア連合学会認定医/指導医
            日本体育協会公認スポーツドクター
            ICD(感染症制御医師)
            沖縄県小児保健協会 こどもの生活習慣プロジェクト食育小委員会委員
            沖縄県南部地区医師会 学校検診マニュアル作成委員

            仕事のテーマ:
            一般小児科診療の傍ら、この10年間は糖質制限などの食事療法を基本としたダイエットや生活習慣病対策に注力してきました。食事栄養療法で全国の医師とつながりを深め、薬に頼らない診療を模索しています。
            ・子育て支援(子も親も楽しく子育てできるように支援する)
            ・赤ちゃんの食事(WHOの補完食を推奨します)
            ・栄養とメンタル障害(鉄やビタミンB群とADHD、自閉症、うつ状態との関連)
            ・妊産婦と栄養(特に鉄やビタミンD)
            ・糖質過剰による健康問題(肥満、生活習慣病)
            ・アトピー性皮膚炎(皮膚科専門医と協力して脱ステロイド療法の支援)

            経歴:
            56歳、京都府生まれ、洛南高校卒
            名古屋大学理学部卒
            外資系企業にてエンジニア12年間
            大分医科大学医学部卒
            中部徳洲会病院、聖路加国際病院で研鑽
            2013年9月〜南部徳洲会病院小児科部長

            趣味はマラソン、テニス、素潜り、菜園
            マラソンベスト:3時間58分(Tokyo marathon 2012)

            2018年10月1日に沖縄市で「じねんこどもクリニック」開業予定
            https://jinen.blog/

             

             

            ○    奥平智之(おくだいら ともゆき)先生 ○ 

            医療法人山口病院 精神科部長
            日本栄養精神医学研究会 会長
            埼玉県立川越特別支援学校 校医

            略歴:
              精神科医・漢方医。日本大学医学部卒後、日本大学医学部精神医学系精神医学分野に入局。同大学医学部附属板橋病院、東京都立広尾病院の神経科を経て、埼玉県川越市にある山口病院に勤務。同大学板橋病院東洋医学科と東京女子医科大学東洋医学研究所(非常勤講師)で漢方外来、新宿溝口クリニック栄養療法外来・セミナー講師を経て、2016年に日本栄養精神医学研究会を創設。
             「メンタルヘルスは食事から」をモットーに、一般的な精神科診療に加え、個人の体質や病態に合わせ、食事や栄養療法、東洋医学を取り入れた診療を行っている。また、全国の学会や研究会で、栄養精神医学についての講演を行っている。
            栄養精神医学とは、食事や栄養、腸管が精神症状・身体症状・向精神薬に与える影響を考え、栄養面からの精神疾患の治療や予防を試みる精神医学の一分野である。栄養精神医学におけるレジリエンスを「ストレス耐性(予防)+自己治癒力(回復)」と定義し、レジリエンスの向上を中心に、心身の改善とその結果としての減薬を目指している。
            著書に『ココロの不調回復 食べてうつぬけ〜鉄欠乏女子(テケジョ)を救え!〜』(主婦の友社)があり、メンタルヘルスのための食事の工夫、血液検査の栄養学的解釈、栄養学的治療における東洋医学的な見立て、腸管の大切さ、減薬の方法などを、実際の症例を交えて解説している。
             鉄欠乏の問題は、老若男女にあるが、特に女性や子どもに多い。「貧血がない鉄欠乏」が心身の不調に大きく影響することはあまり知られておらず、血液検査をしても見逃されている現状がある。胎児の中枢神経系の発達などにも鉄が必須であり、女性の鉄欠乏は次世代の問題につながるためさらに深刻。鉄欠乏女子を“テケジョ”と名付け、注意喚起をしている。

            専門:栄養精神医学、精神科漢方

            資格:精神科専門医・指導医、漢方専門医、日本女性心身医学会認定医、日本老年精神医学会専門医・指導医、日本統合医療学会認定医・指導医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医、精神保健指定医(厚生労働省)、精神保健判定医(医療観察法)など 

            活動:埼玉メンタルヘルス交流会会長、食事栄養療法倶楽部代表、日本うつ病学会評議員・双極性障害委員会フェロー、日本心身医学会代議員、日本プライマリ・ケア連合学会代議員、日本スポーツ精神医学会理事、日本未病システム学会評議員、埼玉県公安委員会指定医(認知症専門)、精神鑑定業務、埼玉県西部地区東洋医学研究会世話人、埼玉若手漢方医会 会長、東京若手漢方医会 会長、川越市医師会学術委員/認知症対策委員/医会幹事、企業の産業医 など

             

             


            【2018年7月11日(水)12時15分から14時頃開催】【〜第一部・懇親会〜食事栄養療法倶楽部2018in沖縄】今西康次先生&奥平智之先生

            0

              JUGEMテーマ:食事・栄養療法

               

              食事栄養療法倶楽部2018in沖縄


              ※会場予約の為事務局へのお申込みが必要です。

               

              〜第一部 懇親会〜
              日時:2018年7月11日(水) 12時15分〜14時頃

              ○ 今西 康次 先生(いまにし やすつぐ)
                医療法人沖縄徳洲会 南部徳洲会病院 小児科部長
                日本小児科学会専門医、認定小児科指導医
                日本プライマリ・ケア連合学会指導医
                日本体育協会公認スポーツドクター
                 https://www.nantoku.org/section/pediatrics.php

               

              ○ 奥平  智之  先生
                (おくだいら ともゆき)
                 医療法人山口病院 精神科部長    日本栄養精神医学研究会 会長

                 http://mhealth.jugem.jp
                   https://www.dr-okudaira.com


              ・参加条件:どなたでもご参加いただけます
              ・会場:ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城 
                    グランドキャッスル カフェ&ダイニング
                    沖縄県那覇市首里山川町1-132-1
                    Tel:098-886-5454 
              ・参加費:1000円+ランチを各自ご注文、ご精算
              ・キャンセル:7/6(金)まで
              ・申込み:先着順(定員になり次第締め切り)
                件名:7/11懇親会食事栄養療法倶楽部2018in沖縄
                所属・役職・資格・住所・当日の連絡先・Facebookの有無・参加理由を添えて

                  syokujieiyo@gmail.com まで
                                                                       
              事務局からの返信メールをもちまして、お申込み完了となります
              事務局よりの返信メールが受信できますよう、設定をお願いいたします
                                                                         
              当日幹事 上原由美子(うえはらゆみこ) 大塚乃子(おおつかのりこ)     
              事務局  中山(Tel:090-8463-5357)


              ※懇親会の後講演会を開催いたします
               第二部 講演会(15時から17時)
               参加費:2500円
               会場:沖縄県総合福祉センター
               詳細はイベントページにてご確認ください
               


              【講師プロフィール】

               

              ○    今西 康次(いまにし やすつぐ)先生 ○

              日本小児科学会専門医/指導医
              日本プライマリ・ケア連合学会認定医/指導医
              日本体育協会公認スポーツドクター
              ICD(感染症制御医師)
              沖縄県小児保健協会 こどもの生活習慣プロジェクト食育小委員会委員
              沖縄県南部地区医師会 学校検診マニュアル作成委員

              仕事のテーマ:
              一般小児科診療の傍ら、この10年間は糖質制限などの食事療法を基本としたダイエットや生活習慣病対策に注力してきました。食事栄養療法で全国の医師とつながりを深め、薬に頼らない診療を模索しています。
              ・子育て支援(子も親も楽しく子育てできるように支援する)
              ・赤ちゃんの食事(WHOの補完食を推奨します)
              ・栄養とメンタル障害(鉄やビタミンB群とADHD、自閉症、うつ状態との関連)
              ・妊産婦と栄養(特に鉄やビタミンD)
              ・糖質過剰による健康問題(肥満、生活習慣病)
              ・アトピー性皮膚炎(皮膚科専門医と協力して脱ステロイド療法の支援)

              経歴:
              56歳、京都府生まれ、洛南高校卒
              名古屋大学理学部卒
              外資系企業にてエンジニア12年間
              大分医科大学医学部卒
              中部徳洲会病院、聖路加国際病院で研鑽
              2013年9月〜南部徳洲会病院小児科部長

              趣味はマラソン、テニス、素潜り、菜園
              マラソンベスト:3時間58分(Tokyo marathon 2012)

              2018年10月1日に沖縄市で「じねんこどもクリニック」開業予定
              https://jinen.blog

               

               

              ○    奥平智之(おくだいら ともゆき)先生 ○ 

              医療法人山口病院 精神科部長
              日本栄養精神医学研究会 会長
              埼玉県立川越特別支援学校 校医

              略歴:
               精神科医・漢方医。日本大学医学部卒後、日本大学医学部精神医学系精神医学分野に入局。同大学医学部附属板橋病院、東京都立広尾病院の神経科を経て、埼玉県川越市にある山口病院に勤務。同大学板橋病院東洋医学科と東京女子医科大学東洋医学研究所(非常勤講師)で漢方外来、新宿溝口クリニック栄養療法外来・セミナー講師を経て、2016年に日本栄養精神医学研究会を創設。
               「メンタルヘルスは食事から」をモットーに、一般的な精神科診療に加え、個人の体質や病態に合わせ、食事や栄養療法、東洋医学を取り入れた診療を行っている。また、全国の学会や研究会で、栄養精神医学についての講演を行っている。
              栄養精神医学とは、食事や栄養、腸管が精神症状・身体症状・向精神薬に与える影響を考え、栄養面からの精神疾患の治療や予防を試みる精神医学の一分野である。栄養精神医学におけるレジリエンスを「ストレス耐性(予防)+自己治癒力(回復)」と定義し、レジリエンスの向上を中心に、心身の改善とその結果としての減薬を目指している。
              著書に『ココロの不調回復 食べてうつぬけ〜鉄欠乏女子(テケジョ)を救え!〜』(主婦の友社)があり、メンタルヘルスのための食事の工夫、血液検査の栄養学的解釈、栄養学的治療における東洋医学的な見立て、腸管の大切さ、減薬の方法などを、実際の症例を交えて解説している。
               鉄欠乏の問題は、老若男女にあるが、特に女性や子どもに多い。「貧血がない鉄欠乏」が心身の不調に大きく影響することはあまり知られておらず、血液検査をしても見逃されている現状がある。胎児の中枢神経系の発達などにも鉄が必須であり、女性の鉄欠乏は次世代の問題につながるためさらに深刻。鉄欠乏女子を“テケジョ”と名付け、注意喚起をしている。

              専門:栄養精神医学、精神科漢方

              資格:精神科専門医・指導医、漢方専門医、日本女性心身医学会認定医、日本老年精神医学会専門医・指導医、日本統合医療学会認定医・指導医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医、精神保健指定医(厚生労働省)、精神保健判定医(医療観察法)など 

              活動:埼玉メンタルヘルス交流会会長、食事栄養療法倶楽部代表、日本うつ病学会評議員・双極性障害委員会フェロー、日本心身医学会代議員、日本プライマリ・ケア連合学会代議員、日本スポーツ精神医学会理事、日本未病システム学会評議員、埼玉県公安委員会指定医(認知症専門)、精神鑑定業務、埼玉県西部地区東洋医学研究会世話人、埼玉若手漢方医会 会長、東京若手漢方医会 会長、川越市医師会学術委員/認知症対策委員/医会幹事、企業の産業医 など

               

               


              【開催報告】食事栄養療法倶楽部180513 in埼玉:国光美佳 Kunimitsu Mika先生

              0

                JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                 

                【開催報告】食事栄養療法倶楽部180513 in埼玉
                 

                現代食はミネラル不足!?】 〜食の見直しで変わる子どもたち〜
                子どもの心と健康を守る会  国光美佳 Kunimitsu Mika先生

                 

                ○ 国光美香先生は、「食べることは、生きること」、大切なことは「次の世代が健やかに育つこと」をモットーに子どもの心と健康を守る運動を行っています。特に現代食のミネラル不足の問題は深刻です。
                ミネラルのはたらきの重要性についてお話しいただきました。

                ミネラル豊富な食卓から!を実践するための工夫、実践して元気になった方のご紹介など情報満載のご講義でした!

                 

                ○ ミネラルとは?
                酸素、水素、炭素、窒素以外の元素のことで、100種類ほど存在
                この中で、厚生労働省によって摂取基準が定められているのは13種類

                ※主要ミネラル=カルシウム、リン,カリウム、ナトリウム、マグネシウム

                ※微量ミネラル=鉄、亜鉛,銅,マンガン、ヨウ素、セレン,モリブデン、クロム

                 

                ○ ミネラルの重要なはたらき
                ・・・体内の重要な生理機能をつかさどり、骨や歯の形成や、神経の興奮の抑制、細胞の正常な活動のバックアップ、筋肉の収縮、血管壁の強化や皮膚の健康維持、基礎代謝の促進抗酸化作用など、さまざまなはたらきをしている。

                ・・・酵素のはたらきを活性化させる役割もあり、体の調子を整えるホルモンや、神経伝達物質を作る酵素の働きも助けるため、脳のはたらきや精神面へも大きく影響

                 

                ミネラル不足で起こる症状
                カルシウム・・・神経過敏、腸内神経の異常、十分に成長しない
                骨・歯が弱くなる。骨粗しょう症、筋肉のけいれん、肩こり、腰痛 

                マグネシウム・・・神経過敏、うつ病、神経・精神障害、心臓血管障害、動悸、不整脈、循環器障害

                鉄・・・疲れやすく、忘れっぽくなる、頭痛、動悸、貧血、食欲不振、爪変形、乳児の発育遅れ

                亜鉛・・・味覚障害、皮膚障害、免疫力の低下、成長発育障害、 
                食欲不振、貧血、皮膚炎、性機能低下

                銅・・・毛髪異常、貧血、骨折・変形、成長障害

                 

                必須微量ミネラル不足で起こる症状
                マンガン・・・骨の発育低下、生殖能力低下、運動失調、成長障害、骨格異常
                ヨウ素・・・甲状腺肥大、甲状腺腫、太りすぎる、疲れやすくなる、発育がとまる
                バナジウム・・・糖尿病、成長遅延、食道ガン
                クロム・・・糖尿病、脂質異常症
                セレン・・・筋萎縮症、肝臓壊死、心蔵疾患
                コバルト・・・悪性貧血
                リチウム・・・躁うつ病
                出典)
                『五訂増補 食品成分表2010』(女子栄養大学出版部)
                『新基礎栄養学』(医歯薬出版)
                『栄養の基本がわかる図解事典』(中村丁次監修 成美堂出版)より

                 

                ○ 現代食の実態は?
                ・・・体や心のさまざまなはたらきに影響する重要な栄養素 ミネラルの不足
                ・・・コンビニ弁当、冷凍食品、高齢者用宅配弁当、カップスープ、高級総菜。。。

                 

                ○ ミネラル不足を起こす現代食の三大欠陥
                水煮食品の増加・・・外食の原材料は、たいてい水煮・冷凍・中国産
                食品添加物「リン酸塩」を使う加工食品の増加
                ・・・食品添加物のリン酸塩は、体内でミネラルと化合して体外に持ち出してしまう
                精製食品、精製油脂の使用が増加
                ・・・油溶性の栄養成分は「不純物」として取り除かれている
                ・・・高温(200度前後の加熱)でヒドロキシノネナール(神経毒)を発生

                 

                ○ 現代食のミネラル不足への対処法は?
                主食の見直し・・・白米→雑穀、分つき米、玄米
                「だし」のフル活用!・・・ 煮干し、あご(飛魚)昆布など天然だしを使う
                非精製の良質な油を使う
                ミネラルを含む食材を
                小魚や貝類…煮干、めざし、いわし、ししゃも、牡蠣、シジミなど
                海藻類…昆布、海苔、ワカメ、ひじき
                たね類…蕎麦、胡麻、玄米、雑穀
                木の実…クルミ、アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類、栗など
                ※調味料(塩、砂糖、味噌、醤油など)もミネラルを含むものへ

                 

                ○ ミネラルを意識した食へ
                ・・・食で心と体が変わります                   
                ・・・より健やかに、輝く未来へ!!!

                 

                食事栄養療法の著効例のお子さんの報告に感動。
                わかりやすく、実践的なご講演でした。
                くにみつ先生、御参加の皆様、先生方、ありがとうございました。
                廣瀬 哲也 先生、ご参加ありがとうございました。

                 

                 


                【2018年5月16日(水)17:00から20:00開催】【boamesa主催 学術講演会〜2018春〜】後援 食事栄養療法俱楽部:若林三弥子先生&奥平智之先生

                0

                  JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                   

                  【boamesa主催 学術講演会〜2018春〜】後援 食事栄養療法俱楽部

                   

                  奥平 智之 先生☆特別講演
                  鉄欠乏女子(テケジョ)を救え!
                  〜テケ食と血液栄養解析を交えて〜 

                  ※お食事準備の為、事務局へのお申込みが必要です。

                   

                  2018年5月16日(水)16:45開場
                  Dr.奥平講演会:17:00〜18:00
                  座談会&ディナー:18:00〜20:00


                  ○奥平 智之 先生(おくだいら ともゆき)
                  医療法人山口病院 精神科部長
                  日本栄養精神医学研究会 会長

                   

                  ○若林 三弥子 先生(わかばやし みやこ)
                  料理教室『boa mesa(ボアメーザ)』主宰

                   

                  ★データの解釈希望者は血液検査結果をお持ちください
                  ・参加条件:どなたでもご参加いただけます
                  ・会場:boa mesa(ボアメーザ)|若林三弥子先生のお料理教室
                   JR北鎌倉駅より徒歩10分 JR大船駅よりタクシーで10分
                  ※お申込み完了時に詳しい場所をお知らせいたします
                  ・参加費: 15,000円
                  (三弥子先生のスペシャルメニューとドリンクが含まれます)
                  ・キャンセル:5/11(金)まで
                  ・申込み:20席限定・先着順(定員になり次第締め切り)
                    件名:5/16 boamesa 学術講演会
                    所属・役職・資格・住所・当日の連絡先・Facebookの有無
                   ・参加理由を添えて下記までご連絡ください
                   syokujieiyo@gmail.com                                                            
                   事務局 中山   09084635357
                   後援 食事栄養療法俱楽部

                   

                  <講師紹介>
                  ○奥平  智之  先生
                   (おくだいら ともゆき)
                  医療法人山口病院 精神科部長
                  埼玉メンタルへルス交流 会長
                  食事栄養療法俱楽部 代表
                  https://www.kamponavi.com/m/doctor/d13yama.html 
                  http://mhealth.jugem.jp/
                  https://twitter.com/syokujieiyo

                  「メンタルヘルスは食事から」 
                   個人個人の体質や病態に合わせ、食事療法・栄養療法・漢方治療を取り入れた精神科治療を実践している。臨床に日々取り組む傍ら、メンタルヘルスにおける栄養や腸管の重要性、減薬方法について、全国で医療関係者を対象に講演活動を行っている。また、ココロの健康における食事栄養の大切さを普及するため、一般向け、企業向けの講演会も開催している。

                   鉄の問題は老若男女にあり、鉄はココロと体、美容に大きく影響している。健康診断の血液検査がオールAでも見逃されている鉄欠乏よる不調者は非常に多い。胎児の中枢神経系の発達にも鉄が必須であるため、女性の鉄欠乏の問題は更に深刻。鉄欠乏女子を"テケジョ"と名付け、注意喚起をしている。

                  <ご著書>
                  「マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ 
                    〜テケジョ(鉄欠乏女子)を救え〜」(2017年11月11日発売)
                    http://amzn.asia/1pUDGiY


                  ○若林三弥子(わかばやしみやこ)先生プロフィール
                  料理研究家 サロンアドバイザー エッセイスト   
                  料理教室『boa mesa(ボアメーザ)』主宰。 
                  1958年 大阪生まれ。 
                  同志社大学法学部法律学科卒業後、商社に勤務。 
                  結婚後、夫の転勤に併って中近東・南米各国で生活。 専業主婦として25年間、料理の腕と、おもてなしのセンスを磨く。 2005年、北鎌倉の自宅にて、料理教室『boa mesa』を始める。 料理、スタイリング、おもてなし、すべてに満足できると評判のレッスンにはワンクールに400名以上の生徒が通い、登録者数は1600名以上という、「日本でいちばん予約のとれないサロン」の「サロネーゼ」としても知られるが、独自の野菜調理法「蒸しいため」でも注目を集めている料理研究家。 ほぼ毎日開催のレッスンを運営しながら、テレビ・ラジオ・雑誌等のメディア、企業タイアップのイベントや広告関連の仕事をこなし、10年間に10冊の著書を上梓、版を重ねている。「人は人を幸せにすることでしか幸せになれない」と説く「幸せをよぶ講演会」も全国各地で開催、自治体、企業からの講演オファーが相次いでいる。オリジナルブレンドの天然素材だし「幸せをよぶおだし」も発売中。

                   

                   


                  【川越】子どもの栄養とメンタルヘルス◎国光美佳先生&奥平智之先生◎5月食事栄養療法倶楽部2018in埼玉

                  0

                    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                     

                    【国光美佳先生&奥平智之先生座談会】
                    食事栄養療法倶楽部2018in埼玉
                    平成30年5月13日(日)AM 9:30開場 10:00〜12:00
                    座談会 「子どもの栄養とメンタルヘルス」

                    〇国光美佳(くにみつみか)先生
                    子どもの心と健康を守る会 代表
                    https://www.mineral-heart.com
                    ◯奥平智之(おくだいらともゆき)先生 
                    医療法人山口病院 精神科部長
                    日本栄養精神医学研究会 会長
                    会場:ウェスタ川越 2階 活動室1
                    埼玉県川越市新宿町1-17-17
                    JR・東武東上線:川越駅 西口から徒歩5分
                    参加費:500円(年会費・教材費は無料) 
                    事前申し込み不要
                    先着168名
                    どなたでもご参加できます
                    日頃の悩みを一緒に解決しましょう。途中参加・退出は自由です。
                    国光美佳(くにみつみか)先生の「教育講演」の後に座談会を行います。
                    2018年に10単位取得の方は、食事栄養療法俱楽部より修了証の授与を予定しております。
                    2018年1月以降の1回の出席で1単位とします。
                    ★14時から『埼玉メンタルヘルス交流会(SMN)』を開催致します。
                    ひろせクリニック 院長 廣瀬哲也先生と奥平智之先生の「炎症とメンタルヘルス」をテーマにした講義がございます。詳細はホームページをご覧ください。
                    ★次回6月23日(土):
                    AM 食事栄養療法倶楽部: ベジデコサラダ 森安美月先生
                    PM 埼玉メンタルヘルス交流会: 北川歯科医院 院長 北川純先生
                    食事栄養療法倶楽部 事務局:萩原遥
                    メール:hgwr.kawagoe@gmail.com
                    http://www.saitama-m.net
                    https://www.facebook.com/eiyou.med
                    http://www.saitama-m.net/cont9/main.html
                    【国光美佳先生のプロフィール】
                    「子どもの心と健康を守る会」代表
                     
                    東京都清瀬市生まれ。
                    大妻女子大学家政学部児童学科卒業後。東京都豊島区学校法人本郷学園もみじ幼稚園、 埼玉県坂戸市学童保育所に勤務後、女子栄養大学「栄養と料理一般講座」を修了。
                    NPO法人食品と暮らしの安全基金勤務を経て、2016年「子どもの心と健康を守る会」https://www.mineral-heart.comを設立。
                    共著書『食べなきゃ、危険!―食卓はミネラル不足』『食事でかかる新型栄養失調』(三五館)、月刊誌『食品と暮らしの安全』にて発達障害・摂食障害・低体温・うつ症状・睡眠障害などミネラル補給による改善報告を連載、食生活相談と子どもの心のケアの両面から子育て支援を展開。京都府地域力再生プロジェクト交付金採択事業「キレる子どものための食育インストラクター養成講座」講師。
                     
                    ◎ホームページ「子どもの心と健康を守る会」
                    https://www.mineral-heart.com
                     
                    ◎資格等
                    小学校教諭第1種免許
                    幼稚園教諭第1種免許取得
                    大妻女子大学児童臨床センター認定 家庭教育相談員
                     
                    ◎著書
                    『食べなきゃ、危険!―食卓はミネラル不足』(三五館)
                    『食事でかかる新型栄養失調』(三五館)、
                    ◎冊子
                    『キレなくなった子どもたち』(NPO法人食品と暮らしの安全基金)
                    『心の健康手帳』(NPO法人再チャレンジ東京)
                    『奇跡の食育◆戞僻建ガイド社)監修
                    【奥平智之先生のプロフィール】
                    精神科医・漢方医
                    医療法人山口病院精神科部長(埼玉県川越市)
                    東京女子医科大学東洋医学研究所非常勤講師(漢方外来)
                    日本栄養精神医学研究会会長 https://www.j-np.net
                    食事栄養療法倶楽部代表 https://www.saitama-m.net/cont9/main.html
                    埼玉メンタルヘルス交流会会長 https://www.saitama-m.net
                    産業医・認知症専門医・日本うつ病学会評議員
                     
                    病態が十分に解明されていない躁うつ病や統合失調症、発達障害は、未だ完治させる治療 法が確立されておらず、治療は“総力戦”であると考えている。一般的な精神医学的アプ ローチに加え、食事内容・東洋医学的所見・血液検査等も参考にしながら、個人個人の体質や病態に合わせ、食事療法・栄養療法・漢方治療を取り入れた精神科治療を実践している。臨床に日々取り組む傍ら、メンタルヘルスにおける栄養学や腸管の重要性、減薬方法について、全国の医療者・一般・企業向けに講演を行っている。
                    鉄欠乏の問題は老若男女にあり、鉄はココロと体、美容に大きく影響している。『貧血がない鉄欠乏症』が影響している心身の不調は、健康診断等で血液検査をしても、見逃されているのが実情。胎児の中枢神経系の発達などにも鉄が必須であるため、女性の鉄欠乏の問題は更に深刻。鉄欠乏女子を"テケジョ"と名付け、注意喚起をしている。
                     
                    ◎ご著書
                    『ココロの不調回復 食べてうつぬけ〜鉄欠乏女子(テケジョ)を救え〜』
                    http://amzn.asia/bHNDkGE
                    ☆Amazon カテゴリーランキング1位(2017年11月10日調べ)
                    ☆紀伊国屋書店梅田本店総合売上ランキング1位(2017年11月2日週調べ、コミック・文庫・宗教書を除く)
                     
                    ◎ブログ
                    http://mhealth.jugem.jp/

                    【2018年5月23日(水) 15時〜16時半開催】【『メンタルヘルスは食事から~「鉄欠乏」の理解を深めよう!!』】吉冨 信長(よしとみ のぶなが) 先生&奥平 智之 (おくだいらともゆき) 先生:食事栄養療法倶楽部2018in大分

                    0

                      JUGEMテーマ:食事・栄養療法

                       

                      食事栄養療法倶楽部2018in大分

                       

                      ★会場変更のお知らせ★

                      予定人数を上回るお申込みをいただきありがとうございます
                      会場を変更いたしました

                      ・会場:ホテル日航大分 オアシスタワー 1F ロビーラウンジフォンティーヌ
                                  大分県大分市高砂町2-48 Tel:097-533-4411  
                                  JR大分駅「府内中央口」 1番ホーム出口より徒歩10分
                          https://www.nikko-oita.oasistower.co.jp/access/

                      ・申込み:先着順(定員になり次第締め切り)
                        件名:5/23食事栄養療法倶楽部学術講演会2018in大分
                        所属・役職・資格・住所・当日の連絡先・Facebookの有無・参加理由を添えて
                        syokujieiyo@gmail.com   までご連絡ください

                       

                       


                      『メンタルヘルスは食事から~「鉄欠乏」の理解を深めよう!!』
                      ※会場予約の為、事務局へのお申込みが必要です。
                      日時:2018年5月23日(水) 15時〜16時半


                      ≪座長≫
                      吉冨 信長(よしとみ のぶなが) 先生
                      株式会社コミディア 代表取締役
                       
                      《特別講演》
                      奥平 智之 (おくだいらともゆき) 先生
                      医療法人山口病院 精神科部長
                      日本栄養精神医学研究会 会長
                       
                      ★データの解釈希望者は血液検査結果をお持ちください
                       
                      ・参加条件:どなたでもご参加いただけます
                       
                      ・会場:LANI cafe PLACE
                               大分県 大分市中央町2丁目3-16     Tel:097-578-7648  
                               JR大分駅より徒歩5分(フランシスコザビエル像側)
                           http://lanicafeplace.net/
                      ・参加費: 1000円 +カフェをご注文各自ご精算ください
                      ・キャンセル:5/18 (金)まで
                      ※以降のキャンセルおよび当日不参加の場合は、キャンセルフィーとして参加費1000円をお振込みいただきます
                      ・申込み:先着順(定員になり次第締め切り)
                        件名:5/23食事栄養療法倶楽部学術講演会2018in大分
                        所属・役職・資格・住所・当日の連絡先・Facebookの有無・参加理由を添えて
                        syokujieiyo@gmail.com   までご連絡ください                                                 
                                         
                      事務局からの返信メールをもちまして、お申込み完了となります
                      事務局よりの返信メールが受信できますよう、設定をお願いいたします
                                                                                   
                                            事務局 中山(Tel:090-8463-5357)
                           
                      ◯吉冨 信長  先生
                      (よしとみ のぶなが)
                      株式会社コミディア代表取締役
                      日本食品油脂安全性協議会認定者
                       
                      東京理科大学卒業後、システムエンジニアとしてIT業界で働く。2007年より九州へ戻り青果流通会社に勤務。2013年にこだわり青果商品を扱う会社を起業し、業界視点から消費者視点で地元の農産物を普及・啓蒙していく。
                      一方で、栄養学や予防医学に傾倒しており、食と健康に関する情報をSNS等で日々発信している。Facebookのフォロワー数は18000人超えで、一般人でありながら人気ユーザーランキングは144位。
                      https://ja-jp.facebook.com/nobunaga.yoshitomi
                       
                      慢性疾患の少ない世界の伝統社会の視察もしており、現在までにアフリカ、モンゴル、ニューギニアなどの先住民8民族を調査している。
                      全国で行う講演会はいつも満席で、講演内容は高評価。参加者の満足度やリピート率には定評がある。
                      http://www.chuo21.co.jp
                       
                       
                      ○奥平  智之  先生
                       (おくだいら ともゆき)
                      医療法人山口病院 精神科部長
                      日本栄養精神医学研究会 会長
                      https://www.j-np.net
                      食事栄養療法俱楽部 代表
                      http://mhealth.jugem.jp
                      https://www.kamponavi.com/m/doctor/d13yama.html 
                      https://twitter.com/syokujieiyo
                       
                      「メンタルヘルスは食事から」 
                       個人個人の体質や病態に合わせ、食事療法・栄養療法・漢方治療を取り入れた精神科治療を実践している。臨床に日々取り組む傍ら、メンタルヘルスにおける栄養や腸管の重要性、減薬方法について、全国で医療関係者を対象に講演活動を行っている。また、ココロの健康における食事栄養の大切さを普及するため、一般向け、企業向けの講演会も開催している。
                       鉄の問題は老若男女にあり、鉄はココロと体、美容に大きく影響している。胎児の中枢神経系の発達にも鉄が必須であるため、女性の鉄欠乏の問題は更に深刻。鉄欠乏女子を"テケジョ"と名付け、注意喚起をしている。
                      https://ddnavi.com/review/420417/a
                      https://ddnavi.com/review/431867/a
                       
                      <ご著書>
                      「マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ
                       〜テケジョ(鉄欠乏女子)を救え〜」(2017年11月11日発売)
                       http://amzn.asia/1pUDGiY

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ◆奥平智之FBグループ

                       日本栄養精神医学研究会

                       食事栄養療法俱楽部

                       【テケジョ=鉄欠乏女子】

                       

                      ◆奥平智之著書

                       マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ

                       単行本(ソフトカバー) – 2017/11/11
                       奥平 智之  (著),‎ いしいまき (イラスト)  

                       

                      ◆奥平智之連載

                       精神看護にて2018年03月号から2年間予定

                       2018年03月発行 (通常号) ( Vol.21 No.2 )


                      | 1/13PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
                        瀬川里香 (12/19)

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM