【ビタミンAとは?】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<ビタミン>

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    【ビタミンAとは?】

    ビタミンAは、細胞が正常に増殖や分化するのに必要とされています。

    ビタミンAの主な働きは、発育促進、皮膚や粘膜の健康維持、視覚の正常化や暗順応、動脈硬化予防とされています。

    粘膜は、鼻や口など、体の入り口部分にあり、刺激や細菌などから体を守っています。ビタミンAによって粘膜が健康になることは、免疫力の向上にもつながるとされています。

    また、ビタミンAは動脈硬化予防の効果も期待できるビタミンです。LDLコレステロールを減らす効果があるとされているからです。

    ビタミンAは、ビタミンC、ビタミンEと協力して活性酸素の働きを抑え、酸化LDL(悪玉)コレステロールが作られることを予防するとされています。

    また、ガン予防としても効果が期待されています。

     

    ★ビタミンAが多く含まれる食品

    レバー、うなぎ、にんじん、ほうれん草、カボチャなどに多く含まれています。各食材に含まれる100g中のレチノールまたはカロテンの量は、以下の通りです。

    動物性食品

    鶏レバー…14000μg

    豚レバー…13000μg

    ウナギの蒲焼…1500μg

    牛レバー…1100μg

    卵黄…470μg

    植物性食品

    焼きのり…27000μg

    しそ…11000μg

    モロヘイヤ…10000μg

    にんじん…8600μg

    ゆでたほうれん草…5400μg

    ※μg=マイクログラム

     

    ★ビタミンAが不足すると

    ビタミンAの不足は、主に目や粘膜への健康障害としてあらわれます。

    乳幼児の場合は、角膜乾燥症から始まり失明に至ることもあり得ます。

    成長期の子供の場合では、骨や神経が十分に発達できない成長障害のリスクがあります。

    成人の場合は、暗順応障害から夜盲症に発展することもあるとされています。

    また、皮膚の乾燥や肥厚、角質化などの症状がでることもあります。

    それ以外にも、ビタミンAを特に積極的に摂りたいのは以下の様な方たちです。

    1.アルコールをたくさん飲む人

    2.目の健康を維持したい人

    3.動脈硬化を予防したい人

    4.風邪を引きやすい人

     

    写真:http://不妊治療ガイド.jp/ninkatsu/shokuji/lever/


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM