【ビタミンEってなんですか?】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<ビタミン>

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    【ビタミンEって何ですか?】
    ビタミンEは、水に溶けにくい脂溶性ビタミンの一種です。
    ビタミンEは、大きくトコフェロールとトコトリエノールの2種類に分けられます。
    さらに、トコフェロールとトコトリエノールには、それぞれアルファ、ベータ、ガンマ、デルタの4種類があり、この8種類の総称がビタミンEです。
    化学名は、トコフェロールまたはトコトリエノールと言います。熱、酸には強く、光、紫外線、鉄などには弱い性質を持っています。
    ビタミンEにおいては、天然のビタミンEを摂取することが重要です。
    サプリメントなどの成分表示で、ビタミンEが天然型か合成型を見分けるには、トコフェロールの表記に注目します。
    <天然型>
    ・d-α—トコフェロール
    ・d-α-トコフェロール酢酸塩
    ※製品によって表記が異なる場合があります。
    <合成型>
    合成型の場合は、表記名の内部にアルファベットの「L」が入っています。たとえば
    ・dl(える)-α—トコフェロール
    上記のトコフェロールは合成型となるため、抗酸化作用は期待できません。
    〇ビタミンEの働きには、どのようなものがあるでしょうか??
    ビタミンEは、抗酸化作用による生活習慣病予防、ホルモン分泌の円滑化、血行改善、抗アレルギー作用などの効果を持つとされています。

    抗酸化作用
    ビタミンEは、老化や生活習慣病の原因である活性酸素の増加を抑制する効果があるため、「若返りのビタミン」とも呼ばれているほどです。
    体内ではビタミンEは細胞膜の中に多く存在しており、細胞を保護する役割を担っています。細胞は活性酸素によってウイルスから守られているのですが、そんな活性酸素も増えすぎるとかえって細胞を傷つけてしまうことになります。そこで、ビタミンEが過剰な活性酸素を除去しているというわけです。
    血液検査で間接ビリルビンは、酸化ストレスの参考となります。間接ビリルビンが高値の人はビタミンEを補うとよいでしょう。
    美白効果
    ビタミンEの抗酸化作用は、美白・シミ対策としても強い力を発揮してくれます。活性酸素はシミの原因でもあるためです。
    シミというのは、メラニンが色素沈着を起こした状態のことです。活性酸素が増加しすぎると、それを除去しようという働きが起こるのですが、その際にメラノサイトが刺激されてメラニンを作ってしまうのです。
    ビタミンEは活性酸素の発生を抑えてくれますから、シミ予防にも

    血流改善
    ビタミンEには、毛細血管を広げて血流を改善する効果もあります。全身に血液が巡ることで細胞の新陳代謝が活発化するので、肌のトラブルを防ぐばかりかハリやツヤを出すことにも繋がります。

     

    生殖機能を高める
    ビタミンEは、男性の場合は精巣の機能を高め、精子の数を増加させたり、女性の場合は女性ホルモンバランスを整え、妊娠率を向上させます。
    抗アレルギー作用
    抗アレルギー作用を持つのは、ビタミンEの一種であるトコトリエノールです。ヒスタミンなどを抑制する作用があり、皮膚炎や花粉症などのアレルギー反応を和らげるとされています。
    http://www.skincare-univ.com/article/017197 より引用

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM