【ジュース多飲で、現代型脚気がおきる?】Dr.奥平の栄養漢方解析講座<ビタミン>

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    【ジュース多飲で、現代型脚気がおきる?】

     

    疲れやすい、からだが重い、集中力がない、食欲がない…
    ビタミンB1 欠乏症は脚気と呼ばれ,日本においては江戸時代後期から明治時代にかけて死因の上位に位置していました.
    特に軍人に多く,日露戦争においては戦死者が約 4 万人であったのに対して,『脚気による死亡者数が 2 万 8 千人前後』あったといわれています.

    その後食生活の改善に伴い脚気患者数は激減し,現在先進国ではほとんど認められなくなりました.
    しかし成人では現在においても
    アルコール依存症 や 統合失調症 患者の偏食 に起因する例や,
    消化管切除術後による吸収障害に起因して発症する例がしばしば報告されています.
    (Kawano H, Hayashi T, Koide Y, et al:Histopathological changes of biopsied myocardium in Shosin beriberi. Int Heart J 2005;46:751-759)
    一方小児においては,発展途上国での栄養不足による脚気は依然として認められていますが,先進国での脚気は稀となっています.(Park JH, Lee JH, Jeong JO, et al:Thiamine deficiency as a rare cause of reversible severe pulmonary hypertension. Int J Cardiol 2007;121:e1-e3)

    ★先進国の #現代型脚気 報告例では,
    『清涼飲料水やイオン飲料の過剰摂取により相対的にビタミンB1 が不足』し,神経症状が前面に出た症例が散見されます.
    ビタミン B1 欠乏は神経症状・循環器症状・脳症状など多彩な症状を来たします.
    日本小児循環器学会雑誌 第29巻 第6号

     

     

    元記事|奥平智之FB

    ◆奥平智之FBグループ

     日本栄養精神医学研究会

     食事栄養療法俱楽部

     【テケジョ=鉄欠乏女子】

     

    ◆奥平智之著書

     マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ

     単行本(ソフトカバー) – 2017/11/11
     奥平 智之  (著),‎ いしいまき (イラスト)  


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM