【メトホルミン長期投与でビタミンB12欠乏に注意】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<ビタミン>

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    メトホルミン⻑期投与でビタミンB12⽋乏に注意
    米エモリー大学のVijaya Kancherla氏らは、50歳以上の退役軍人で、
    メトホルミン 治療を6カ月以上受けている2型糖尿病患者3,687人と、糖尿病をもたず、同薬も使用していない1万3,258人を対象として後ろ向きのコホート研究を行った。同氏らは、血中ビタミンB12を測定した人の割合を調べた。 

     その結果、メトホルミンを長期使用している2型糖尿病患者のうち、血中ビタミンB12を測定した患者の割合は37%にすぎなかった。
    ビタミンB12 の平均濃度は、糖尿病をもたない群に比べてメトホルミンを長期使用している患者群で有意に低かった(439.2pg/dL対522.4pg/dL、P=0.0015)。

    また、ビタミンB12欠乏はメトホルミンを長期使用している2型糖尿病患者群では7%、糖尿病をもたない群では3%に認められ、両群間には有意差がみられた(P=0.0001)。 
     性や人種、BMIなどの交絡変数を調整した解析によると、メトホルミンを使用していない群に比べてメトホルミンを長期使用している患者群では、ビタミンB12測定を受けていない確率が2〜3倍であることがわかった。 

     以上の結果から、
    「米国ではメトホルミンは2型糖尿病治療の第一選択に位置づけられている。同薬を長期にわたって使用する場合にはビタミンB12欠乏がないかを定期的にモニタリングする必要がある」
    と述べている。 

    http://dm-rg.net/news/2017/03/018037.html?pr=dmrg001

     

     

     

    参考)

    Standards of Medical Care in Diabetes—2018

    http://care.diabetesjournals.org/content/41/Supplement_1

     

    ◆奥平智之FBグループ

     日本栄養精神医学研究会

     食事栄養療法俱楽部

     【テケジョ=鉄欠乏女子】

     

    ◆奥平智之著書

     マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ

     単行本(ソフトカバー) – 2017/11/11
     奥平 智之  (著),‎ いしいまき (イラスト)  

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM