【開催報告】【『鉄と亜鉛の歯科臨床』 あけぼのちょう高橋歯科 高橋純一先生】食事栄養療法俱楽部学術講演会2018in広島

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    鉄と亜鉛の歯科臨床
    あけぼのちょう高橋歯科 高橋純一先生


    【開催報告】
    食事栄養療法倶楽部 学術講演会2018in広島

     

    ○ 潜在性鉄欠乏の診断が歯科でも必要と考えるようになったきっかけ
    症例)初診時には激烈な症状で口腔内に触れることができなかった例・・・・潜在性鉄欠乏や質的栄養失調を疑い歯科治療より栄養療法を優先、鉄治療を受けた途端に痛みがほとんどなくなった

     

    ○ 抗精神病薬が必要な歯科の患者さんも背景に潜在的鉄欠乏や質的栄養失調の問題が隠れていることがあります。
    歯科が少しでも早く潜在性鉄欠乏を含む質的栄養失調のさわりの部分だけでも知って、多くの人が救われる将来を夢見ています。

     

    ○ 亜鉛臨床を開始(一部抜粋)
    ※高橋先生ブログの『亜鉛の再考』シリーズは教科書的に利用できます
    1月6日 リウマチと亜鉛→亜鉛臨床開始
    1月12日 亜鉛の再考(Vol.5)ヒューマン・ニュートリション 他のミネラルとの拮抗
    1月13日 亜鉛の再考(Vol.10)魚介類のHgとメタロチオネイン
    1月18日 訪問診療開始(亜鉛臨床)
    2月2日 亜鉛の再考(Vol.11)奥平先生の覚書 動物実験の結果 山本義徳氏の亜鉛
    http://mhealth.jugem.jp

    2月8日 亜鉛の再考(Vol.13)口角炎と亜鉛 亜鉛量と質依存
    2月9日 亜鉛の再考(Vol.17)亜鉛と高齢者の短期復活
    2月10日 亜鉛の再考(Vol.18)鉄と亜鉛の作用は表裏一体
    2月10日 亜鉛の再考(Vol.19)糖尿病とミネラル
    *ライナス・ポーリング 「すべての不快感や疾患、病気の根元を探るとミネラル欠乏にたどり着く」*
    2月15日 亜鉛の再考(Vol.21)男性ホルモンと亜鉛
    2月26日 吉富さんは恐ろしいシリーズ1(オメガ3と亜鉛)※シリーズは3まで(4/1現在)
    3月6日 亜鉛の再考(Vol.35)日本臨床栄養学会の亜鉛欠乏症の診療指針2016
    ガイドライン
    3月17日 亜鉛の再考(Vol.47)唾液分泌と亜鉛(症例)
    。。。等々今後も継続されます

     

    Blog 「歯科医師の考える健康生活」
    ご講演の追加スライドが掲載されております
     
    ○ これからの目標
    ・亜鉛だけではない広範囲な知識(微量元素から全般に)を得て代々の患者さんの健康に貢献したい
    ・歯科の治癒に関わる広範囲な質的栄養療法の知識を得る                                 
    ・近視眼的で微細に拘る毎日の繰り返し(マンネリズム)を超えて歯科を生命に繋げたい               
    ・潜在性鉄亜鉛欠乏を含む質的栄養療法を出会えた事に感謝して毎日を過ごしたい

     

     

    亜鉛が欠乏すると起こる症状10

    亜鉛は、人間の体に存在する約3000種類以上の酵素のうち、300種類以上もの酵素を構成する成分となっています。

    亜鉛が不足するということは、身体が活動するための機能低下につながるため、さまざまな欠乏症が発生します。

    代表的な欠乏症は以下のようなものになります。

     

    〔3仂祿
    人間は舌にある味蕾と呼ばれる器官で味覚を感知します。味蕾は細胞分裂が盛んな部位なので、亜鉛酵素が豊富に分布しています。亜鉛が不足すると、味蕾の特徴的な形態が失われ、感覚細胞としての機能が損なわれます。
    亜鉛は唾液腺にあるガストリンの構成にも関与していて、それが味覚受容器に生理的な役割を果たしているとされています。味覚細胞の入れ替わりは早く、亜鉛不足に敏感と言えます。
    また、薬物による味覚障害も亜鉛不足が原因のひとつと考えられます。制酸剤、抗生物質、降圧利尿剤、冠血管拡張剤などは、亜鉛の吸収を妨げます。高齢者では、薬物もチェックをしておいた方がよいでしょう。

     

    皮膚症状
    コラーゲンの合成や架橋には亜鉛が必要なため、不足すると皮膚が乾燥してきます。

     

    Cμ
    髪は毎日伸びています。亜鉛不足による細胞分裂の低下は、髪が作られなくなるだけでなく脱毛の原因になります。

     

    だ機能低下
    精子や卵子などの生殖細胞は細胞分裂が活発な細胞のひとつです。亜鉛が不足することで細胞分裂が十分に行われず、性機能の低下が発生する可能性があります。精液や前立腺には亜鉛がたくさん含まれていて、精子形成やテストステロン合成には亜鉛が必要です。精子の運動や活発化にも亜鉛が関与しています。男性の性腺発育には亜鉛は特に大切です。男性不妊の一因となります。

     

    ダ成熟の遅れ
    亜鉛は性ホルモンの分泌にも関わります。亜鉛が不足することで性ホルモンの分泌が少なくなり、性成熟が遅れる可能性があります。亜鉛は黄体形成ホルモン(LH)や卵胞刺激ホルモン(FSH)の作用を高めます。妊娠の維持にも亜鉛が必要です。
    また、成長ホルモン(GH)や甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌に亜鉛が関与しています。

     

    ι老
    意外なようですが血液も血液細胞と言う細胞です。そのため亜鉛が不足すると細胞分裂が満足に行われず、貧血を起こす可能性があります。亜鉛は赤血球中の炭酸脱水素酵素の活性中心となって二酸化炭素の運搬に関わっています。また、造血因子のひとつであるソマトメジンCは亜鉛タンパクです。そのため、赤血球の産生、機能維持、安定化に亜鉛は欠かせません。

     

    Ю鎖誠牲仂評
    亜鉛不足は、無欲化、記憶障害、情緒不安定、行動異常、振戦などの原因になることがあります。亜鉛は海馬に多く含まれています。アルツハイマー病の血漿中および脳内の量の亜鉛の低値が報告されています。脳内の亜鉛の濃度の低下はニューロンの減少を示唆している可能性があります。また、GABAやドーパミンなどの神経伝達物質の放出や取り込みを調節しています。

     

    免疫力の低下
    亜鉛は免疫細胞が活性化するための情報伝達物質として活躍します。亜鉛が不足することで免疫細胞に外敵の存在が伝わらず、免疫力が低下します。

     

    耳鳴り、聴力低下
    亜鉛が不足すると、内耳器官のひとつである蝸牛(かぎゅう:耳の奥にあるカタツムリのような形状の組織)の機能が低下して耳鳴りのリスクが高まるという報告があります。蝸牛は体内でも亜鉛の蓄積量が多い器官であるため、亜鉛が聴覚に及ぼす影響は大きいと考えられています。亜鉛不足に由来する耳鳴りは断続的なものではなく持続的なものが多いようです。

     

    HDL代謝異常
    亜鉛はコレステロール代謝にも関与しています。亜鉛欠乏では、HDLコレステロールの減少による低コレステロール血症がみられます。

     

     

     

    ◆奥平智之FBグループ

     日本栄養精神医学研究会

     食事栄養療法俱楽部

     【テケジョ=鉄欠乏女子】

     

    ◆奥平智之著書

     マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ

     単行本(ソフトカバー) – 2017/11/11
     奥平 智之  (著),‎ いしいまき (イラスト)  

     

    ◆奥平智之連載

     精神看護にて2018年03月号から2年間予定

     2018年03月発行 (通常号) ( Vol.21 No.2 )


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM