【自閉スペクトラム症 への対応】【松崎朝樹 先生著「精神診療 プラチナマニュアル」】Dr.奥平*精神科医のひとり言

0

    JUGEMテーマ:精神医学(psychiatry)

     

    【自閉スペクトラム症 への対応】


    A) 本人の理解力に合わせた平易なわかりやすい言葉を用いて助言する。

    B) 感情的な叱咤は情動を不安定にし、適切な学習を困難にするため避け、冷静に事務的にルールを教える。

    C) 臨機応変な対応は求めず、適応的な行動のルールを細かく具体的に指示する。
      例:ズボンを履くように指示する際には、「ズボンを持とう。向きをそろえよう。

        右足を右側に入れよう・・・・」のように伝える。

    D) 「ちょっと待って」などの曖昧な表現を避け、「5分間待って」などの具体的な内容で伝える。

    E) 文書や貼り紙など、視覚化して伝えるのも有効。

    F) 勉強や仕事の際は、席を壁に向けたり「ついたて」を用いたりして“視覚的な情報”を制限する。

     

    松崎朝樹 先生著「精神診療 プラチナマニュアル

    持ち運べるポケットサイズなのに、情報満載。わかりやすいです。

     

     

     

    ◆奥平智之FBグループ

     日本栄養精神医学研究会

     食事栄養療法俱楽部

     【テケジョ=鉄欠乏女子】

     

    ◆奥平智之著書

     マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ

     単行本(ソフトカバー) – 2017/11/11
     奥平 智之  (著),‎ いしいまき (イラスト)  

     

    ◆奥平智之連載

     精神看護にて2018年03月号から2年間予定

     2018年03月発行 (通常号) ( Vol.21 No.2 )


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM