【慢性炎症とうつ病】

0

    JUGEMテーマ:精神医学(psychiatry)

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    慢性炎症とうつ病
    神経変性疾患,精神疾患はいずれも慢性炎症が病態に深く関与しており 1,2),また慢性疾患のリスク要因である加齢でも,細胞あるいは組織の加齢に伴う慢性炎症が関与するとされます 3)。

     

    炎症が病的に持続する慢性炎症では,心理社会的ストレス,肥満,睡眠障害などが要因となり,血管内皮細胞やマクロファージ等が持続的に活性化した結果,産生・放出された炎症性サイトカイン(IL-1βやTNFαなど)が炎症を持続的に増幅させる機序が基盤と考えられています 4,5)。

     

    慢性炎症とうつ病の関連についての報告は相次いでおり 8),幼少期に血清IL-6濃度が高いほど,青年期にうつ病を発症するリスクが濃度依存的に高まると報告され6),幼少期の心理社会的ストレスが免疫系に長期的に影響を及ぼす可能性が示唆されています。

    またうつ病患者において,ベースラインの血清 CRP 値が,SSRIであるエスシタロプラムあるいは三環系抗うつ薬ノリトリプリリンの治療反応性を特異的に予測すると報告され7),抗うつ薬を選択する上で CRP値が有用なバイオマーカーとなる可能性が示唆されています。

     

    1)Haroon E, Raison CL and Miller AH(2012)Psychoneuroimmunology meets neuropsychopharmacology:translational implications of the impact of inflammation on beh avior. Neuropsychopharmacol, 37:137─ 162.


    2)溝口義人,門司 晃(2014)慢性炎症と気分障害.分子精神医学,14:30-34.


    3)Tchkonia T, Zhu Y, van Deursen J, et al(2013) Cellular senescence and the senescent secretory phenotype:therapeutic opportunities. J Clin Invest, 123:966-972.


    4)Nathan C and Ding A(2010)Nonresolving inflammation. Cell, 140:87-882.


    5)Tabas I and Glass CK(2013)Anti-inflammatory therapy in chronic disease:challenges and opportunities. Science, 339:166-172.


    6)Khandaker GM, Pearson RM, Zammit S, et al(2014)Association of serum interleukin 6 and C-reactive protein in childhood with depression and psychosis in young adult life:a population-based longitudinal study. JAMA Psychiatry, 71:1121-1128.


    7)Uher R, Tansey KE, Dew T, et al(2014)An inflammatory biomarker as a differential predictor of outcome of depression treatment with escitalopram and nortriptyline. Am J Psychiatry, 171:1278─ 1286.


    8)Tchkonia T, Zhu Y, van Deursen J, et al(2013)Cellular senescence and the senescent secretory phenotype:therapeutic opportunities. J Clin Invest, 123:966-972.

     

    溝口義人,鍋田紘美,今村義臣,原口祥典,門司晃,免疫系と精神疾患,Japanese Journal of Biological Psychiatry Vol.27, No.1, 2016

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM