【2018年9月13日(木)18:30 〜 20:45】埼玉小江戸漢方カンファレンス2018 〜鍼灸師医師交流会・薬剤師会学術講演会〜:宮澤 仁朗 先生 &中島 衛 先生&菊池 友和 先生&奥平 智之 先生

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

    JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

     

     

    埼玉小江戸漢方カンファレンス2018
    〜鍼灸師医師交流会・薬剤師会学術講演会〜


    ★医療関係者であればどなたでもご参加いただけます。会のあとに情報交換の場がございます。


    日 時: 2018年9月13日(木)18:30 〜 20:45
    場 所: ラ・ボア・ラクテ 川越駅西口 埼玉県川越市脇田本町22-5

     

    〜 プログラム 〜
    <座長>    
     医療法人緑光会 東松山病院 副院長 中島 衛 先生

    <教育講演>
    『鍼灸師・医師の連携の大切さ』
     埼玉医科大学総合医療センター/麻酔科ペインクリニック
     かわごえクリニック東洋医学科    菊池 友和 先生

    <教育講演>
    『メンタルヘルスにおける栄養学と東洋医学』
     医療法人 山口病院 精神科部長 奥平 智之 先生

    <特別講演>
    『 認知症治療と漢方(仮) 』
     医療法人 ときわ病院 院長  宮澤 仁朗 先生    


    お申し込み:お名前・資格・ご所属・役職を
          村田の携帯(090-9680-4548)にショートメールでご連絡お願いいたします
    〇医療関係者であればどなたでもご参加いただけます。会のあと情報交換会の場がございます

    ◎参加費:1000円
    *薬剤師:日本薬剤師研修センターの研修受講シール1枚が認められております
      
    共催予定:鍼灸師医師交流会 川越市薬剤師会 狭山市薬剤師会 
                       クラシエ薬品株式会社 
    後援予定:埼玉県女性薬剤師会 日本栄養精神医学研究会 埼玉鍼灸学会
         一般財団法人東方医療振興財団 日本東方医学会  (公社)埼玉県鍼灸師会


    ★菊池友和(きくちともかず)先生プロフィール★
    鍼灸師
    埼玉医科大学 東洋医学科 研修生過程修了
    埼玉医科大学 東洋医学科 専任 
    埼玉医科大学総合医療センター 麻酔科、かわごえクリニック東洋医学科、埼玉精神神経センター 神経内科 兼担 現在に至る
    所属学会 日本東洋医学会 全日本鍼灸学会 日本頭痛学会 日本神経治療学会  日本自律神経学会 日本温泉気候物理医学会 など 


    ★宮澤 仁朗(みやざわ じろう)先生プロフィール★
             昭和36年4月10日、釧路市生まれ
    現職
     特定医療法人 さっぽろ悠心の郷 ときわ病院 院長
     札幌医科大学医学部・神経精神医学講座・臨床准教授
     精神保健指定医、日本精神神経学会認定医・指導医
    主な役職
     札幌市介護認定審査会会長(平成27年4月〜)
     札幌市精神科医会副会長(平成27年4月〜)
     北海道精神科病院協会理事(平成29年4月〜)
     札幌市医師会南区支部副支部長(平成21年4月〜)
     札幌市医師会代議員(平成13年5月〜)
     北海道医師会予備代議員(平成13年5月〜)
     社会保険診療報酬支払基金北海道支部審査委員会委員(平成29年6月〜)
     北海道労働災害委員会精神部会委員(平成27年4月〜)
     北海道障がい福祉課精神科病院実地審査委員(平成27年4月〜)
     札幌市障がい福祉課精神科病院実地審査委員
     札幌市認知症初期集中支援推進事業チーム員医師(平成29年4月〜)
     厚生労働省認定・認知症サポート医(平成18年12月〜)
     札幌市介護認定審査会委員(平成12年6月〜)
     日本認知症グループホーム協会北海道支部顧問(平成27年4月〜)

    略歴
     昭和62年3月 札幌医科大学医学部卒業
     昭和62年4月 札幌医科大学神経精神医学教室入局
     昭和63年5月 総合病院伊達赤十字病院勤務
     平成2年4月 札幌医科大学神経精神医学教室
     平成4年4月 ときわ病院勤務
     平成4年12月 精神保健指定医
     平成12年1月 ときわ病院 副院長
     平成13年5月 ときわ病院 院長
     平成19年4月 札幌医科大学医学部・神経精神医学講座・臨床准教授
     平成20年8月 日本精神神経学会専門医
     平成27年4月 日本精神神経学会指導医
     平成12年4月〜平成29年12月 北海道精神保健協会「心の健康」編集委員
     平成13年5月〜平成21年3月 札幌市医師会 政策委員
     平成17年4月〜平成21年3月 北海道精神医療審査会委員
     平成23年3月〜平成27年6月 
     北海道テレビ放送(HTB)イチオシ!モーニング、火曜日レギュラーコメンテーター

    所属学会、及び主要研究領域
     日本精神神経学会(学会認定専門医および指導医)、日本老年精神医学会
     アルツハイマー病における画像解析(MRI,SPECT)、神経心理(Vision analyzerによる視覚情報処理)、生体磁気計測装置(MEG)による脳磁場測定の研究に従事していた。
     現在はアルツハイマー型認知症のハイスクリーニング検査Me-CDTの研究に携わっている。

    論文等
     宮澤 仁朗:新たなアルツハイマー型認知症の診断スクリーニング検査法「Me-CDT」.
     実験 治療 THE EXPERIMENT & THERAPY No.712:p49-53、2014.
     心の健康 2015年 第134号;アルツハイマー型認知症の早期発見を目指して 新たな診断スクリーニングツール「Me-CDT」

     の開発 p44−46.
     心の健康 2017年 第138号;認知症高齢者と運転―道路交通法の改正をうけて―P26-27

     

    ★奥平智之(おくだいらともゆき)先生プロフィール★
    精神科医・漢方医
    医療法人山口病院精神科部長(埼玉県川越市)
    日本栄養精神医学研究会会長 
    食事栄養療法倶楽部代表 
    埼玉メンタルヘルス交流会会長 

    病態が十分に解明されていない躁うつ病や統合失調症、発達障害は、未だ完治させる治療 法が確立されておらず、治療は“総力戦”であると考えている。
    一般的な精神医学的アプローチに加え、食事内容・東洋医学的所見・血液検査等も参考にしながら、個人個人の体質や病態に合わせ、食事療法・栄養療法・漢方治療を取り入れた精神科治療を実践している。臨床に日々取り組む傍ら、メンタルヘルスにおける栄養学や腸管の重要性、減薬方法について、講演を行っている。
    鉄欠乏の問題は老若男女にあり、鉄はココロと体、美容に大きく影響している。『貧血がない鉄欠乏症』が影響している心身の不調は、健康診断等で血液検査をしても、見逃されているのが実情。胎児の中枢神経系の発達などにも鉄が必須であるため、女性の鉄欠乏の問題は更に深刻。鉄欠乏女子を“テケジョ”と名付け、注意喚起をしている。 

     

    【著書】
    マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ 〜鉄欠乏女子(テケジョ)を救え!〜

    HPブログ
     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM