【「糖質過多」は大切なオートファジーを抑制してしまう】

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    【「糖質過多」は大切なオートファジーを抑制してしまう】


    ★オートファジー(自食作用)とは??
    =「自分」(オート)+「食べる」(ファジー)
    =細胞内のタンパク質のリサイクル

    ⇒細胞の老化や癌を防ぐ《アンチエイジング》

     

    〇こわしてつくって、こわしてつくって、タンパク質は動的平衡を保っています。

    細胞内では、絶えずタンパク質は分解してアミノ酸にして、また新しいタンパク質を合成していますが・・・・

    実は、経口から摂取するタンパク質より、「自分のタンパク質」をリサイクルしている量の方が多いのです。

     

    ★自食すること《オートファジー》によって、

    細胞内を少しずつ入れ替え、いらなくなったタンパク質などが蓄積しないようお掃除している
    細胞が自身のタンパク質の一部を壊して栄養素をリサイクルしている

    と考えられています。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM