【フェリチン(鉄の貯金箱)とは??】 

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    フェリチン(鉄の貯金箱)とは??】 
    フェリチンは、細胞の内と外の両方に存在する『鉄結合タンパク質』。
    アポフェリチンは、ほぼ球形の容器を形成しています。 
    「アポフェリチン」は、鉄を含まない形態のタンパク質を指し、鉄含有形態は、「ホロフェリチン」または単にフェリチンと称されます。
    アポフェリチンの殻は24のサブユニットで構成されています。
    サブユニットは、HおよびLと呼ばれる2つのタイプのもの。
    これらのサブユニットの比率は、組織のタイプによって大きく異なり、炎症性および感染性の状態で変わります。
     
    組織フェリチンは、豊富なHサブユニット(主に心臓および腎臓に見出される)からLリッチなサブユニット(主に肝臓および脾臓に見出される)までさまざま。

    ★血清フェリチンは感染などのあらゆる種類の慢性炎症によって増加するため、解釈には注意が必要です。

    ★鉄剤や鉄サプリを飲んで、血液検査でフェリチンが急上昇しても、鉄欠乏の症状の改善が伴っていないときは、注意が必要。
    「炎症」などが隠れていないか確認する必要があります。

     

    参照:Mary Ann Knovich et al :Ferritin for the Clinician: Blood Rev.23(3): 95–104. 2009

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM