【朝食を食べる?】〜食事のタイミングとエネルギー代謝〜

0

    JUGEMテーマ:食事・栄養療法

     

    朝食を食べる?】〜食事のタイミングとエネルギー代謝〜


    『食事誘発性熱産生』(DIT:Diet induced thermogenesis)は食事をすることによって起こるエネルギー代謝の亢進ですが,同じ食事をしても「朝」は夕方よりもDITが大きいです 1).

     

    そのため朝食欠食は昼食や夕食を欠食するよりもDITによるエネルギー消費量を獲得しにくいと言え,結果として1日の総エネルギー消費量の低下を招くとの考え方があります.

     

    しかし食事量の増大に伴いDITも大きくなる 2)ことから,朝食欠食によって昼食や夕食の量が増えるのであれば,1日の総DITに及ぼす影響はそれほど大きくないとも考えられます.

     

    朝食を欠食する条件と1日3食の条件における24時間のエネルギー代謝を比較した研究によると,1日の食事摂取量が同じであれば24時間のエネルギー消費量や脂質酸化量(脂肪が脂肪酸に分解されてエネルギーとして合成され消費される量)に有意な差は認められなかったとの報告 3)がある一方,朝食を欠食することでむしろ24時間のエネルギー消費量や脂質酸化量が増大したとの報告 4)もあります.

     

    いずれの研究も 糖代謝に関しては,朝食欠食による昼食後や睡眠時を含む24時間の平均血糖値の上昇 3)やインスリン抵抗性の悪化 4)が確認されており,『朝食を食べないこと』がエネルギー代謝に及ぼす影響だけではなく『2型糖尿病のリスク増大』につながることを示唆しています.

     

    同じ1日2食であっても,朝食ではなく昼食を欠食した場合と3食の比較をした研究 5)では,24時間のエネルギー消費量に有意な差は認められなかったものの脂質酸化量は2食の方が少なかったと報告されています.

     

    また,夕食を欠食する場合の2食条件では3食よりも24時間のエネルギー消費量が増加するという報告もあります 4).

     

    食事の回数を減らすのではなく,増やすことによるエネルギー代謝への影響も検討されています.

     

    3食と比較して6食 6)や14食 7)に分割して摂取しても,食事の総量が変わらなければ24時間のエネルギー消費量や脂質酸化量には有意な差が認められなかったと報告されています.

     

    さらに,2食と6食を比較した研究においても24時間のエネルギー消費量に有意な差が認められませんでした 8).

     

    1)Bo S, Fadda M, Castiglione A, Ciccone G, De Francesco A, Fedele D, Guggino A, Parasiliti Caprino M, Ferrara S, Vezio Boggio M, Mengozzi G, Ghigo E, Maccario M, Broglio F. Is the timing of caloric intake associated with variation in diet-induced thermogenesis and in the metabolic pattern? A randomized cross-over study. Int J Obese 39: 1689-1695, 2015 


    2)Ekmekcioglu C, Touitou Y. Chronobiological aspects of food intake and metabolism and their relevance on energy balance and weight regulation. Obese Rev 12: 14-25, 2011. 


    3)Kobayashi F, Ogata H, Omi N, Nagasaka S, Yamaguchi S, Hibi M, Tokuyama K. Effect of breakfast skipping on diurnal variation of energy metabolism and blood glucose. Obes Res Clin Pract 8: e249-e257, 2014. 


    4)Nas A, Mirza N, Hagele F, Kahlhofer J, Keller J, Rising R, Kufer TA, Bosy-Westphal A. Impact of breakfast skipping compared with dinner skipping on regulation of energy balance and metabolic risk. Am J Clin Nutr 105: 1351-1361, 2017. 


    5)Smeets AJ, Westerterp-Plantenga MS. Acute effects on metabolism and appetite profile of one meal difference in the lower range of meal frequency. Br J Nutr 99: 1316-1321, 2008. 


    6)Ohkawara K, Cornier MA, Kohrt WM, Melanson EL. Effects of increased meal frequency on fat oxidation and perceived hunger. Obesity 21: 336-343, 2013. 


    7)Munsters MJM, Saris WHM. Effects of meal frequency on metabolic profiles and substrate partitioning in lean healthy males. PLoS One 7: e38632, 2012. 


    8)Taylor MA, Garrow JS. Compared with nibbling, neither gorging nor a morning fast affect short-term energy balance in obese patients in a chamber calorimeter. Int J Obes Relat Metab Disord 25: 519-528, 2001.

     

    岩山海渡, 運動や食事のタイミングがエネルギー代謝に及ぼす影響, 体力科学, 第67巻, 第5号, 351-356(2018)

     

    自動代替テã‚ストã�¯ã�‚ã‚Šã�¾ã�›ã‚“。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM