【カゼをひいて熱が出たら、さらに熱を上げる?】

0

    JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

     

    カゼをひいて熱が出たら、さらに熱を上げる?


    ~自己治癒力を鼓舞する漢方薬~
    風邪やインフルエンザのウイルスは「低温嗜好性」。
    そのため、からだの体温が上がると、ウイルス の活性は弱まります。
    風邪で発熱するのは、生体防御システム。
    サイトカインなどを産生して体温を上昇させます。
    そのため、解熱剤 で解熱することは、治癒を遅らせて、風邪が長引いてしまう可能性があります。
    風邪 の時は、麻黄を含む漢方処方(葛根湯や麻黄湯など)でさらに発熱を後押しします。
    風邪の初期にゾクゾクと寒気がして汗を出さない状態で漢方で発熱をさらに促して、ウイルスをやっつけたあと、発汗とともに熱は下がってきます。

    ★しかし、体力がない人は、皮膚の保温作用が強くないので、体温が十分に上がる前に自然発汗してしまい抗病力を高められません。

    そのため、発汗を促す麻黄を含まない処方(桂枝湯など)で軽く体温を上げつつ、しっかり布団をかけてゆっくりやすむといいでしょう。
    麻黄が使えないようなケースは風邪がながびくケースがあります。

    ★桂枝湯(けいしとう)・・・おだやかな発汗・発散作用のある“桂皮(シナモン)”、痛みをやわらげる“芍薬”、体をあたためる“生姜(ショウガ)”、緩和作用のある“甘草”などが配合されています。

    桂枝湯は、に、葛根(カッコン)と麻黄(マオウ)を加えたものが、「葛根湯(かっこんとう)」です。

    埼玉小江戸漢方カンファレンス

     

    画像に含まれている可能性があるもの:奥平 智之さん、スマイル、立ってる


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM