【亜鉛の慢性過剰投与による銅欠乏症】

0

    【亜鉛の慢性過剰投与による銅欠乏症】

    亜鉛投与で銅欠乏をきたすことがあります。


    亜鉛の長期大量経口投与は銅の腸管での吸収 を阻害するのが原因。

    銅欠乏で白血球減少も生じます。


    亜鉛投与により銅欠乏をきたした報告例では、

    亜鉛として1〜3歳で8〜24mg/日、成人では110 〜 200mg/日。投与期間は1か月〜 5年でした。


    銅欠乏発現時の血清銅値は10µg/dL未満の症例が多く、血清亜鉛値は190 〜 250µg/dLの症例が多かった。


    これらのことから、


    「血清銅が20 〜 30µg/dL、血清亜鉛値が200µg/dL 」を超える場合には、銅欠乏に注意する必要があります。


    亜鉛欠乏症の診療指針 2018:日本臨床栄養学会


    #亜鉛欠乏 #亜鉛過剰 #亜鉛欠乏症  #銅欠乏



    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【金沢】奥平智之先生 栄養講義 ココロとカラダの健康は食事から 2019.4.20
      盒兇覆み (07/13)
    • 【BRAIN FOOD−鉄と成績・認知機能】Dr.奥平の栄養漢方治療講座<鉄>
      瀬川里香 (12/19)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM